FC2ブログ

☆イ・ジョンジェを捜して☆

韓国映画『情事』を見て 鍛えられた細身の肉体の美しさと 何より その指の美しさに魅せられて 私なりの イ・ジョンジェをスクリーンやテレビドラマの中に捜していきたい。



イルマーレ ひとりトーク(淋しい!) :: 2005/06/30(Thu)

a83eb20c274c2c9449f865d5ae7705ce.jpg

A◇題名はいかがですか。
B◆イルマーレ・・意味不明でも語呂が良い 響きが良い、海と分かりもっと好きになって、邦題の時越愛は秀逸です(字面)が発音したらダメね。 
A◇信じがたい設定は。
B◆全然OK、ス~でした。2年間のズレって、男と女の間には2年間の距離が横たわっていて あっち側とこっち側を別々に歩いているんだよね、あっち側を歩いてるジヒョンがあの時こうしていたら、ああしていればと過去を塗り替えたくて考え出した物語と、こっち側を歩くジョンジェが今まで自分を縛っていた過去を捨て今と違う未来を夢見て創りだした物話を一つのポストに入れてしまったから さぁ 大変。
A◇ホーホホ そう来ましたか。
B◆その代りに男女の設定は至極普通ネタですね、親の離婚、恋人の心変わり、夢の挫折、平凡すぎる毎日は等身大過ぎて涙ぐみたくなります、朝起きて 歯を磨いて 掃除して ご飯食べて どうしてもやりたかったとは程遠い仕事をして、遊びまわるほどの元気もお金も友もいなくて、休みには洗濯してソファに寝転んで・・
A◇ジョンジェしぃのイルマーレにおける見所は。
B◆なんと言っても言わなくても『』に尽きますね、他を見なくても『手』が雄弁なんです、『手』を思い浮かべるだけでイルマーレに吹く風が感じられます、朝霧に包まれた海、黄昏時の海、散歩道に5歩間隔で植えられた木立、一人で帰るのは淋しいと彼女が言った道、いつも座る駅のベンチ、恋人と別れた喫茶店、漫画喫茶のアルバイト、済州島に流してしまった赤い手袋、桟橋を走るジョンジェ、コーラに頬擦りする笑顔のジョンジェ、大学の構内で見つけたイルマーレのデッサン、風の強い日にセーターの下からライターで火をつけたかっこ良さ、ダーツに投げたパスタ、一つ一つのシーンが切り取られた絵のように 脈絡なく浮かびます。映像が心情とクロス&オーバーラップ、言葉にならない。そして メールでなく手紙です、きちんと書かれた手紙、繰り返し繰り返し読んだであろう手紙を想うと泣きたくなります、ジョンジェのスマイルはキラーでなく安全スマイルです。
A◇Bさん本日はありがとうございました、長くなりましたのでまたのお越しをお待ちしております。
B◆すいませんでした、またお願いします。



  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
砂時計公園・・・ロケ地詣でに多数の日本人? :: 2005/06/30(Thu)

j16.jpg

江原道・江陵市にある正東津(ジョンドンジン)は、鉄道の駅と海が世界一近い距離にあることで有名なところ。「正東津」という地名はソウルの光化門からちょうど東にあるということに由来し、水平線から登る日の出の名所としても有名です。
そしてこの駅は95年に放送され人気を集めた「砂時計」というドラマの名場面が撮影されたことでも話題になり、10年以上たった今でもドラマの思い出を胸にこの地を訪れる人が絶えません。(韓国観光記述)

☆物語では多分(違っていたらすいません)主人公ヘリンが 紡績工場の女工達が組合を作りキリスト教会に立てこもり断食をして政府に抗議! 後押ししていた野党が暴徒を使い逮捕する、粛清という名の暴行リンチで廃人同様で精神病院に入院した後故郷に帰り無為の日々を送る女性に会いに行ったのがこの港町だと思う、『学生運動に目ざめたのはあなたの存在だった、一体どうしたの?貴女がこんな風なら 私は一体どうすればいいの』と訴えたが虐待のトラウマから彼女はヘリンを警察に密告!目の前の荒れ狂う波が押し寄せる海、雨がヘリンの顔を打つ、列車が入ってくる、警官が・・ヘリンは逮捕される・・ヘリンの夢が希望が潰えた。
さて問題の公園は正東津駅から続く海岸散策路を南に5分歩くと『モレシゲ公園』に着くそうです、1年かけて砂が落ちる大型の砂時計、どのくらい大きいか見てみたい、韓国語も出来ないし 韓国へ行ったこともないから、1回や2回で行ける所ではないかも?☆


  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
砂時計 :: 2005/06/22(Wed)

831_l.jpg

   モレシゲ(砂時計) (모래시계. 1995)
監督◆キム・ジョンハク
出演◆コ・ヒョンジョン(へリン)、チェ・ミンス(テス)、パク・サンウォン(ウソク)、イ・ジョンジェ(ジュヒ)、パク・クニョン、チョン・ソンモ、チョ・ミンス

  story
陰欝だった1980年代を掻き分けて互いに違う道を生きていった三人の若者、ウソク、テスそしてヘランの物語。
父が共産ゲリラだった理由で陸士進学を挫折し那落の底まで落ちたテス、幼い頃から秀才と呼ばれ法大に進学し4.19を経て一番の親友と愛する女性との三角関係に陥ったウソク、カジノ界の支配者の娘として学生の時は、社会の不条理に目向けてデモに積極加わるが、愛する男テスによって父が死に愛する人に復讐を決意する非運の女性ヘリン、この三人の関係が激動の現代史と絡み合って誤った歴史が歪んだ個人の生を描く。

 ☆ 大分前に見たのですが、ジョンジェ扮するジェヒが敵対するヤクザに拉致された中学生のお嬢様を助けた事がきっかけで、お嬢様の父親に雇われ 彼女をひたすらお守りするカッコイイ裏社会のボディーガードの役です、死ぬまで彼女を守り続けた事から≪永遠のボディーガード≫の称を貰ったそうですが、ファンとしてはエッエーです、コ・ヒョンジョンさんてこの頃パツンパツンで でかくて 守り甲斐がないのよ、反対に若きジョンジェさん細くて並ぶとタメです。 殆ど台詞がないので確かな事は言わなかったけれど、命を捧げるくらい好きだったと思う、裏社会って階級社会だから身の程をわきまえていて真実は告げられなかったけれどお嬢様だって分かっていた筈、自分都合の人間は見たいものだけ見て知りたくない事は聞かない、ヘリンのジュヒに対する心根が何故か許せなくてレヴューしなかったけれど≪白夜≫が待っているので、24話・・・ただ今工事中終了しました・・・頑張って再チャレンジ☆ただ今24話までレヴュー挙がりました、ジョンジェしぃ好い仕事してます、24話で一気にアップ出来ました、拙いけれど読んでね!・・場所はジョンジェのTVドラマのコーナーです・・


  1. 砂時計/モレシゲ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
悲しいくらいタイト♪ :: 2005/06/15(Wed)

250円のプレスシート(オーバー・ザ・レインボー)、確かにパンフレットの値段と人気度は比例する。彼の場合 出演作品、監督、共演者にもかなり恵まれていて 日本での公開作品も少なくないし、日韓合作映画に出演と日本の業界でも認知されているのに、何故か知名度がイマイチ!彼の弱点は天下の王道を行く「オバサン」を魅了できなかった事に尽きますね、スタイリッシュすぎる(白のロングロングマフラーは好まれない)、品格がありすぎる(笑いながら肩を叩けない)、ボディが美しすぎる(思わず目を伏せてウットリと眺められない)、何より共感が得られなかったのは感情の吐露が静かすぎた事かな? オンオン泣いて、大いに走って、愛してると叫ぶのが韓国映画」と認識している人にインパクトを与えられなかった。二色刷りの ジョンジェとイヌの小さなイラストが入ったパンフ とっても彼らしくて切ない・・2年の沈黙を破って「台風」がクランクインしています、CMで現在お茶の間の主婦を振り向かせているドンゴンさんとの共演、持っていかれないか今から心配☆


  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
オーバー・ザ・レインボー :: 2005/06/11(Sat)

  原題   オーバー・ザ・レインボー
制作会社 カン・ジェギュ・フィルム
審議日 2002/4/24
上映時間 109
脚本 ◇チョ・ミョンジュ アン・ジヌ チャン・ヒョンニン
監督◇ アン・ジヌ
撮影◇ キム・ヨンチョル
出演 ◆イ・ジョンジェ /チャン・ジニョン/ チョン・チャン /オム・ジウォン /コン・ヒョンジン



>>続きを読む

  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
太陽はない :: 2005/06/10(Fri)

  原題   太陽はない
制作会社 ウノ・フィルム
審議日 1998.12.16
上映時間 108
脚本◇ シム・サン キム・ソンス
監督 ◇キム・ソンス
撮影 ◇キム・ヒョング
出演◆ チョン・ウソン イ・ジョンジェ ハン・ゴウン

  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
イルマーレ :: 2005/06/10(Fri)

  原題   時越愛
制作会社 サイダス ウノ・フィルム
審議日 2000/8/25
上映時間 91
脚本◇ ヨ・ジナ
監督◇ イ・ヒョンスン
撮影◇ ホン・ギョンピョ
出演◇ イ・ジョンジェ チョン・ジヒョン



>>続きを読む

  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
  黒 水 仙 :: 2005/06/10(Fri)

  原題   黒水仙 制作会社 テウォン・エンタテインメント
審議日 2001/11/5
上映時間 104
脚本 ◇ペ・チャンホ 監督 ペ・チャンホ
撮影 ◇キム・ユンス
出演 ◆イ・ジョンジェ/ アン・ソンギ /イ・ミヨン


>>続きを読む

  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
純愛譜 :: 2005/06/08(Wed)


 原題  純愛譜
制作会社◇ クエン・フィルム
審議日 ◇2000/11/21
上映時間 117
脚本◇ イ・ジェヨン
監督◇ イ・ジェヨン
撮影 ◇ホン・ギョンピョ 近森真史
出演◆ イ・ジョンジェ 橘実里 キム・ミニ 大杉漣 余貴美子



>>続きを読む

  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
インタヴュー :: 2005/06/07(Tue)

原題 インタビュー
制作会社 シネ・イチョン
審議日 2000/3/22
上映時間 108
脚本◇ チョン・ジヌワン オ・ヒョルリ ピョン・ヒョク クォン・ヨングク
監督◇ ピョン・ヒョク
撮影 ◇キム・ヒョング
出演 ◆イ・ジョンジェ シム・ウナ チョ・ジェヒョン クォン・ミンジュン



>>続きを読む

  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ラストプレゼント :: 2005/06/06(Mon)

題名 ラストプレゼント  原題 贈り物
制作会社 チョウン映画(よい映画)
審議日 2001/3/5   上映時間 113
脚本 ◇パク・チョンウ  
監督 ◇オ・ギファン
撮影 ◇イ・ソキョン
出演 ◆イ・ヨンエ  イ・ジョンジェ


>>続きを読む

  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
『台風』を語る! :: 2005/06/06(Mon)

 『男性的なキャラクターを演じて見たかったんです。』映画俳優イ・ジョンジェが、海洋アクションブロックバスター「台風」で、男性美が漂うキャラクターである、海軍特捜部将校カン・セジョンを演技した感想打ち明けた。
今まで「インタビュー」、「情事」、「Over the Rainbow」で主にソフトな男性を演じて来た彼が、イメージから脱皮するため選んだのが「台風」のカン・セジョン。2年間、深く熟考した空白期が、いよいよ結実を結ぶ瞬間だ。
イ・ジョンジェが 「台風」で演じる軍将校カン・セジョンは、4ヵ国語が堪能なエリート軍人。お金と名誉より国家をもっと重要視する彼は、韓半島に向けた「シン」(チャン・ドンゴン)の復讐を阻むために、タイ、ロシアを出入りして、執拗な追撃戦を繰り広げる。
『役柄のバランスを合わせるために苦労しました。』イ・ジョンジェは、チャン・ドンゴンが演じる「シン」がとても「強い」キャラクターのため、押されない様に刻苦の努力を行った。
『初めはキャラクター輪郭を取りにくかったです。』しかし彼は2ヶ月間クァク監督と猛練習した結果、カン・セジョンというキャラクターが、しっくりと合うようになったという。
イ・ジョンジェに、チャン・ドンゴンと一緒に仕事をする感想をたずねると、『以前から共演してみたかった。現在、お互いに善の競争を行っている。』と語った。
『昨年10月から危険な撮影が多かったが、誰もけがをせず無事に撮影が進行されている事自体、映画がよくできている事だと思います。』
イ・ジョンジェは、 『2年ぶりのカムバック作であるだけに、一生懸命臨んでいる。期待して欲しい。』と自信感を現わした。



  1. inジョンジェ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
情  事 :: 2005/06/05(Sun)

原題   情 事
制作会社 ナイン・フィルム
審議日 1998.09.17
上映時間 108
脚本 キム・デウ
監督 イ・ジェヨン
撮影 キム・ヨンチョル
出演 イ・ミスク イ・ジョンジェ キム・ミン ソン・ヨンチャン


 ≪ 貴女は 最後まで 愛しているとは言ってくれなかった ≫

 モノクロ映画を見ているような、静物画を見ているような、静謐でいてお洒落な映像が美しい。黒と白の都会的センスの上品なミンスクのファッションと彼女の成熟した姿は年若い男の心を捉えて離さなかったのも納得。若き男を演じるジョンジェは不思議なオーラー発している、このフェロモン噴射男は寡黙で秘めた部分を最後までオープンにしなかった、若さゆえの無防備さや我儘な振る舞いも、いじらしいまでの彼女への想いと重なる、セクシーでいてノーブル。若さの魅力を充分に魅せてくれる(長くしなやかな指、浮かび上がる肩甲骨、薄いウェスト、伸びた肢体)究極の映像美と言っても言い足りないほどの 美しいラヴシーン。
  この恋は切ないけれど 悲しみがない
  喜びはないけれど 報われない悲しみがない
一言も話さずに 彼女は全身全霊で愛を叫んでいた、人は 心の命じるままに生きていくものだと改めて確信した。

>>続きを読む

  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
火の鳥 :: 2005/06/05(Sun)

原題    火の鳥
制作会社 ソニク・フィルム
審議日 1997.01.20
上映時間 114
脚本 ◇キム・ヨンビン
監督 ◇キム・ヨンビン
撮影 ◇チョン・ジョミョン
出演 ◆イ・ジョンジェ ソン・チャンミン キム・ジヨン オ・ヨンス ユ・インチョン
カン・ヘジョン
チェ・ドンジュン ソン・グムシク クォン・ナミ ムン・ミボン イ・フヨン


  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0