FC2ブログ

☆イ・ジョンジェを捜して☆

韓国映画『情事』を見て 鍛えられた細身の肉体の美しさと 何より その指の美しさに魅せられて 私なりの イ・ジョンジェをスクリーンやテレビドラマの中に捜していきたい。



ジョンジェに恋して☆365日コマオ~ :: 2005/12/31(Sat)

siwore.jpg

☆2005年12月31日です、皆様に出逢えたことを心から感謝します
 ジョンジェssiで韓国映画に目覚め そして 禁断の扉だったドラマの箱を開けてしまった 2005年! 一気に白髪になっただったら 世間様は許してくれたのに 輝くばかりの黒髪になってしまった アララァ どうしましょう 今も 恋の初めの気持ちが私の足を手を震わせます?
ジョンジェssiに近づきたくて始めたハングルは 鞭打ちの刑です!
空っぽの頭をフリフリ、頬杖をつきながら、ジョンジェの盛りだくさんの写真を(ノムモッチョ)見ながらパソに向かい更新しているのが私の本当の姿です。
多くのミス(書き込み)を許してくれてる 皆様 コマスミダ~(涙)

    ☆私の本年度ラストは「イルマーレ」で飾ります
究極の理想の男、知的・誠実で寡黙で、ユーモア・センスがあって、ファッショナブルでモムチャンでオルチャン! 1時間と一緒にいられない男 多分5分が一杯一杯の男、スクリーンでデートするしかない(涙) 
彼の『手』を思い浮かべるだけでイルマーレに吹く風が感じられます。
朝霧に包まれた海、黄昏時の海。
一人ッぽちの姿が 美しいです。
孤独が心を満たしています。
ジョンジェの あの 心を揺さぶる「スマイル」に逢いに行きます。
風の強い日にセーターの下からライターで火をつけたかっこ良さ・・・

    ☆ありがとう そして 2006年もどうぞよろしく

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ジョンジェ「タイフーン」体験展示館オープンに出席☆ :: 2005/12/26(Mon)



23日ソウル南山Nソウルタワーで、映画『タイフーン』の体験展示館オープン式が開かれた。
映画『タイフーン』は、開封直後に200万人の観客を集め上映中で、カン・セジョン役を演じるイ・ジョンジェと、クァク・ギョンテク監督が参席しテープカットをした。

早くから会場に到着したイ・ジョンジェは、事前に体験館を見て周り、また多くの観客に取り囲まれて心を込めてサインをする等、プロらしい態度を見せて周囲から歓声を浴びた〓innolife記12.26

☆「タイフーン」クランクアップしてただいま充電中、柔らかな微笑が 自信を物語っている?最近のジョンジェssiは笑顔笑顔、釜山国際映画祭の時のインタヴューも彼の笑顔が・・。韓国サイトで映画公開時のインタヴューも笑顔だし。初日の挨拶も笑顔だった。

下記の韓国サイトはジョンジェの笑顔オンパレードです☆

http://www.movist.com/movies/gallery_movist.asp?id=168



テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
イ・ジョンジェ ”節制”を言う?(翻訳機ですぅ) :: 2005/12/24(Sat)



〓12月19日インタヴューより
監督曰く: この男 永遠のボデェーガードは正確に10年後にわたしの目の前に座っている。
質問:今まで多くの監督様と作業をしたでしょう? 今度クァク・キョンテク監督との作業はどうだったんですか?
ジョンジェ回答:俳優の立場で見た時. 俳優の才能をとてもそのまま..100%ぱっと~抜き出す監督様のようです. (笑い) とてもそんな面で卓越です。
演技する部分で俳優の意見もたくさん尊重してくださった。.

質問:それなら撮影しながら ok になったがもう一度と言った場面がありましたか?
ジョンジェ回答:言ったんです、無条件に いつももう一度取るのが私の習慣だと言えます。

質問:実は映画を見る前には予告篇でチャン・ドンゴンさんが凄くインパクトがありましたが、実際に映画を見て記者達同士でイ・ジョンジェさんがチャン・ドンゴンより出演場面が多かったと話しました。固定化されたイメージを壊そうとしていると感じがするのですが、いまだに不足だと感じるのですか?
ジョンジェ回答◆たくさん不足です. 今度映画も準備熱心にて私の不足な面を満たしてお見せしたかったが ‘一二日努力枝でならアンヌングや’を悟りました普段 自分の発展と絶え間ない努力をしなければならないという考えをいつもしていたが (断固としているように) 率直に満足はできません。
満足はできないが一方に後悔はないです。
あれほど熱心に努力をしたから ‘私の努力した結果がこの程度としても’ 納得できます。
それでも ‘私がここで一つでも学んだのがあれば 次の作品ではもっと良い姿お見せしよう’と念をおします。

質問◆アクションやキャラクター面でも整形化されたことがブロックバスターが持っている特性だと見られる. とても大きい映画をなさった所感?
ジョンジェ回答◆ブロックバスター映画は) スケールで圧倒されるそうなことがあります. 製作コストが高い、感情の表現が極と極を走るキャラクター,
撮影入って行く時はとても緊張感が大きいですね. ストリーも国を求めなければならないという大きい使命感があってチャン・ドンゴンは個人に仇を討つのではなく一国に仇を討つと言うスケールですから。

質問◆この映画に邁進した理由がキャラクターに対する愛情だとおっしゃった、 話してくださったら?
ジョンジェ回答◆私が感じるのに ‘強気種’が魅力あった部分はとてもスタイリッシュだということ、台詞も欲望も総てが。アクションなども 簡潔でこぎれいに処理されるキャラクターで、 真っ直ぐで男気がある。
大きい痛みを持っている人々に出会った時 感情が揺れ 人々を抱いてやりたたいほどの愛情を吐露する。
私が一番好きなシーンはウラジオストックでシーンを撃つこともできたが撃つことができずに・・。

質問◆映画の中で一番愛着の行く場面が知りたい.
ジョンジェ回答◆すべて意味あります。 そしてさまざまがあるのに一番感的になったのは最後場面で ‘シーン’が自分の身に刀をさして死ぬことを阻む場面です。

質問◆どうしても最後の質問は次期作に対する話で仕上げなければ。
ジョンジェ回答◆ 何年も前からどのインタビュー時 “もし収集する品物があれば?”と言う質問を受けたことがあります。
私は私の映画をコレクト(collect)します。 それが私のユイルハン所蔵品の中で一つです.。それは映画のキャラクターを収集するのですよ。
多様なのを持っておきたがる心のようです. まだ具体的に決まったのはないが男性的な役をやりたいです。〓 翻訳機はをまた私が少し脚色してしまいました 概ね 合ってるかな?



テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. inジョンジェ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
TYPHOON(台風)公開チュカヘ☆ :: 2005/12/18(Sun)



〓『タイフーン(原題:台風)』 (監督クァク・キョンテク/制作チニン社フィルム)が、14日公開初日に28万人(ソウル7万7千、全国28万)の観客を動員し、2005年公開された映画の中で最高のオープニング記録を樹立した。
『タイフーン』のオープニングスコアは、歴代ボックスオフィス最高記録を保有している『ブラザーフッド(原題:太極旗を翻して)』のオープニングスコア(23万人)を上回る成績でもあった。制作社側は15日「現在のような推移が続けば、公開初週末スコアも、『ブラザーフッド』の 177万を越える200万台に達するだろう」と予測している〓

☆ オープニングは大成功
 オフィシャルサイトがオープンしています。
http://www.typhoonthemovie.com/
 中身が濃くて OST ウオールペーパー 生の声が聞けます。
 予告編とは思えない重厚な創りで、丼ちゃんの全真刺青の細かいところもジ ックリ見れます。
 ジョンジェssiの若々しく 逞しい 制服姿はセクシーですよ~年齢的にも
 包容力や知性が備わった人物像に肉薄していると感じました。
 イ・ミヨンさん、壮絶さをオーバー・・見るのが怖いような・・
最近 丼ちゃんの「アゴの整形」の噂が飛び交っています、
 私は「鬘」ズラには自信があるのですが、アゴはネェ・・・
 どう見ても 「やったとしか思えない」・・痩せても骨格は残るはず・・
 「イヴの総て」の頃のパツン・パツン パン・パンの肉が取れても
 やはり 残るわぁ。
 ジョンジェssiは歳を経るごとにドンドン 素敵になっていく、
 魅せることへの飽くなき探求なのでしょうね、立っていても 歩いていても
 睡眠時間を除けば総てが俳優ジョンジェか?
 カリスマと呼ばれる事への栄光と苦悩、作品が彼の手を完全に離れた
 自由と孤独を感じている事でしょう、チョン○スーゴハシムニダ☆

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
イ・ジョンジェ、まだ結婚より仕事が好き☆ :: 2005/12/14(Wed)



〓5日開かれた「台風」VIP試写会には彼の彼女であるキム・ミニが参加してイ・ジョンジェを応援した。
イ・ジョンジェとキム・ミニは、2003年CM撮影をきっかけにつきあい始めて今でも変わりなく仲のいい姿を見せている。特にVIP試写会に姿を表したキム・ミニは、厚くメイクで塗り固めた女優とは違い、スッピンに近いメーキャップに柔らかな衣装を身にまとっていてより一層光っていた。
結婚の話を聞いた記者の質問にイ・ジョンジェは「まだ結婚に対して具体的な計画はありませんね。特別な計画はないけれど、恋人としていつも楽しく会っています」とキム・ミニに対する愛情を語った

☆「結婚はまだだけれど、毎日一緒にいます?」という発言みたいです。
 形式よりも事実婚と解釈した方がいいのかも?
 一緒に仕事もしているパートナーだから、普通の結婚よりも内容ハードで  ウ~ン 大変だろうなぁが感想ですわぁ。☆
 


テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. inジョンジェ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
イ・ジョンジェ「台風」を語る☆ :: 2005/12/10(Sat)



『「砂時計」のイメージを脱ごうと努力した』
「タイフーン」で2年ぶりにスクリーンに帰って来たイ・ジョンジェ。
冷徹なカリスマと人間味を等しく取り揃えたカン・セジョンを演じ女心を刺激するイ・ジョンジェは彼を確固不動のスターダムにのしあげた「砂時計」の「ぺク・チェヒ」を連想させる。
当代最高の視聴率を誇った「砂時計」でヒロインコ・ヒョンジョンを黙々と守るボディーガード役で多くの人に愛されたイ・ジョンジェはこの作品を終わらせてすぐ軍隊に行った。
無口で冷たく見えるキャラクターが「砂時計」のキャラクターと似ていたりします。
ジョンジェは「砂時計」のイメージが脱ぎたかったと言う。
個人的に男性的な映画を好むというイ・ジョンジェはこれからもメロと言っても男性性が強調された役が演じたいと言った

☆「砂時計」は正直言って ジョンジェが出ていたから見たのであって 出てなかったら見なかった。
襟足が幼くて 涙が出てしまう程若いの。
チェヒ(ジェヒ)をやるには荷が勝ちすぎていて可哀相なくらいでしたが、回を重ねるごとに安心してみていられるようになった。
10代でお嬢様に一目惚れして 死ぬまで お嬢様をお守りした「永遠のガードマン」しかし 泣けたなぁ~台詞が素晴らしかった。
彼のドラマはもう1本「白夜」というのがあって・・出演者は「砂時計」とかなり被ってます(チェ、ミンスが両方とも主役)「脱落者」続出!と言われもしますが、このドラマでのジョンジェの「変」は 只事ではなかったな。
違和感と言っても良い位のオーバーアクション、テンションの高さ 積極性、エロス、華麗なるファッション。
極めつけは「ホンコン」を彷彿とさせる「髪型」!
彼の部分だけが突出して「アート」していた ドラマでした。
(ビョンホン&シム・ウナ&チェ・ミンスもぶっ飛びョ)☆

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. inジョンジェ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
 ワダエミの衣装世界☆ :: 2005/12/06(Tue)

〓〓黒澤明監督の映画『夢』で使われた人間大の雛人形の衣装(本邦初公開)から、チャン・イーモゥ監督の映画『HERO』『LOVERS』、舞台『浪人街』、オペラ『マクベス』、そしてワダエミがデザインを手掛けた初めてのTVドラマとなる『里見八犬伝』(TBS系にて、06年新春に放映)まで、特別にセレクトされた約100点の衣装を、一挙に公開します。
また場内には、ワダエミ自筆のデザイン画や、映画や舞台の映像が流れるモニターも展示されるほか、実際に衣装に手で触れられるコーナーも設置〓〓

☆溜息ついてしまいました、職人芸の素晴らしさ・気が遠くなるような手仕事・北京の工房で創ってるんですネェ。
最早 日本で これだけの手仕事をやれる人を確保するのは至難。
薄物の絹に刺繍が見事です、チャン・ツィイ-の衣装のスリムな事と言ったら ウエストの細さなんてウワァ~です。
「LOVES」の踊りながら 袖で太鼓を打つ その「太鼓」も飾られていて 映画のシーンが蘇りました。太鼓もとてもきれいです。
素晴らしい衣装を触らなければ いくらでも近くに寄って見られるというのは 珍しい体験です、天然の素材や天然の染めは品格があり 雅でした。
映像館でのワダエミさんの特別インタビューでは
「中天」のウソン&テヒの衣装合わせの様子がリアルで 緊張感もあり こういう風に フイッテイングしながら創っていくのだと・・面白かった。
衣装だけでも 凄い ウソンちゃんのヘアースタイルはですね、ストレートの超ロン毛です、顔を隠す為?編み笠みたいなの被ります。
テヒ嬢は透き通るほど美しかった、天女の役ですから「白」の衣装・・手が込んでます、全体が手刺繍入りみたいで 袖の長さが5メートル?ウェディングドレスのトレーン(後ろの部分)でも5メートルは珍しい!
会場・チケット販売員・会場案内係員 何一つを見ても ワダエミさんが そこにいるような不思議なアートの世界でした☆


  1. その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:0