FC2ブログ

☆イ・ジョンジェを捜して☆

韓国映画『情事』を見て 鍛えられた細身の肉体の美しさと 何より その指の美しさに魅せられて 私なりの イ・ジョンジェをスクリーンやテレビドラマの中に捜していきたい。



イ・ジョンジェを語る!イ・ミヨンさん♪ :: 2006/04/30(Sun)




〓 タイフーンで共演のイ・ミヨンのインタヴュー
 司会者;イ・ジョンジェssiについてはどういう印象を?

イ・ジョンジェさんとは、韓国のコーヒーのCMで3年間ご一緒していましたし、映画でも1回共演しているので、チャン・ドンゴンさんよりは近い関係です
最初お会いしたと時には、見た目がキチンとしていているので利己的な面もあるのではないかという印象を持っていましたが、
知れば知るほど、本当に男らしく、彼こそ理想的な俳優だと思うようになりました。
今回の撮影に入る前、イ・ジョンジェさんはお酒を断ち、タバコも減らし、運動を一生懸命やり、ボイストレーニングの教習を受けたそうです
そのような彼の姿を見て、同じ俳優として学ぶべきところが多いですし、これからさらに発展する可能性もとても大きい方だと思いました〓

☆イ・ジョンジェとは「黒水仙」で共演、アン・ソンギ大先生が大きなミヨンさんを背負って歩くラストシーンは誰もが「辛そうで泣けた」と今も語り草!
イ・ビョンホンとの「我が心のオルガン」は秀作、ビョンホンが恋する先輩先生、「好きになってくれてありがとう、でも 私は貴方の運命の人ではない」とは言いませんでしたが、ドヨンの名演技と共に ミヨンさんの上品な演技は吉永小百合さんに通じるところがあります。
もう一本「純愛中毒」、このミヨンさんは素敵、女性が女性に憧れる図式。
決めのファッションも良いが、部屋着や無造作なヘアースタイル等もカッコ良くて、とにかく スタイルが良いから何着てもカッコ良いのであって、勘違いはいけない この映画は専ら 彼女が光ってました。
結婚して離婚して 戻ってきたスクリーン”再デヴュー”
まだまだ 恋愛モノも充分出来そうと 当人が思っても <情事2><スキャンダル2>にならないと良いのですが☆



テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. inジョンジェ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
アルバトロス :: 2006/04/29(Sat)

 ☆ アルバトロス ☆ img_487825_27558410_0.jpg

1996/韓国                   

  監督 〓 イ・ヒヨスク
 主演 〓  イ・ジョンジェ /  チャ・インピョ


☆制作が1996年度、今から10年前の作品とは到底思えないほど 北朝鮮を誹謗(当然かな?)してます。
軍が作った国策映画と言っても 誰の為の映画だったのかと 頭を傾げてしまいました。
ナチスドイツのやった事、日本が過って植民地時代にやった事、イラクでやった事、時代が変っても 戦争映画の拷問シーン、虐待シーンには 共通項があって この映画も 戦争映画としながらも 三流エロ映画かと疑うような シーンが続出で、どんな人に この映画を見て貰いたかったのか 最後まで疑問でした。

ジョンジェ 痛恨の作品でしょう、汚点と言っても差し支えないくらいの映画でした。
入隊時に撮影したそうですが(「砂時計」を撮った後) 無表情で ロボットみたいな動きをしたり、これ以上ないくらいの 不機嫌極まりない顔で 見ているほうが 痛ましくて やり切れませんでした。
ノンフィクションだそうですが エピソードのてんこ盛りで ある種ベタなんです、北朝鮮軍の捕虜物語なので 虐待自慢映画?多くは メークで表現なのですが、このメークが荒っぽい 何でも血糊、何もかもが 創り物めいて 嘘臭くて 参りました。
いっそ CGでも使ってくれたらマシなのに、脱走ものでは 「大脱走」のトンネル堀が有名だけど、ここのトンネル 参った せこくて しょぼくて。
ジョンジェは嫌々やってるし、物語は 軍隊映画なのに 何か エログロめいて その上 妙にセピア色、ジョンジエの出てるシーンは全部カットしても 成り立つような役柄だったのですが、主人公が中国国境に達して 韓国へ逃げようとする時 追っ手の銃撃を ジョンジェが遮り 昔のチングを逃がし、自分が銃殺されるシーンは ジョンジェが とても 良い顔をします、撃たれて 地面に伏した時 目が見開かれていました・・・彼の掴んでいた白のハンカチが手を離れ まるで アルバトロスのように 故郷 韓国に向かって・・・☆



テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<松たけ子>ジョンジェ/ドンゴンに迫る! :: 2006/04/22(Sat)

 〓韓国映画界の2大スターが、それぞれの魅力と実力で研を競っているところが、この映画の最大の見所でしょう。
 憎悪と怨念の悪鬼と化したドンゴンは、「ブラザーフッド」同様、狂気に憑かれた目つきや表情で、観る者を圧倒します。ジョニー・デップも真っ青な、パイレーツ・オブ・コリアンぶりです。思うに、彼の美しい顔は、こういう役しか適さないのかも。彼のような美男だからこそ、怨みや憎しみに、異様な迫力と魅惑が出てくる。彼のような美しい男にしかできない特殊な役や演技もある。でも同時に、そういった役でしか魅力を発揮できない俳優もいる。そんな、イザベル・アジャーニ系俳優ドンゴン。生き別れになっていた姉との再会シーンの、悪鬼の仮面が剥がれてしまう哀しすぎる激情演技は、観客の心の琴線を深く強く揺さぶります。ダークで華やかに激しいドンゴン、花に例えるなら、まさに散る間際の燃え盛る薔薇でしょう
 正義と誇りの戦士ジョンジェは、クールで質実剛健に強靭。ドンゴンが薔薇なら、ジョンジェは涼やかに気高い百合でしょう。初登場シーンで見せる、見事に鍛え上げられた肉体は、まさに東洋のアポロン!軍服も凛々しく、爽やかな男の色気が芳しい。どんな危険も顧みず、軍人として敢然と職務を遂行しながらも、ドンゴンへの同情に心揺れる優しさも、繊細に表現しているジョンジェ。これまで、様々な役を演じてきた彼らしい演技派ぶりです。〓

☆尊敬する松たけ子ssiのジョンジェ&ドンゴンへの愛の告白を、公表してしまいました(ミヤネヨ~たけ子ssi)
丼ちゃんへの脅迫かとも思われるくらいの情念が感じられて オイオイ いつから 寝返った?と 唸ってしまいました。
ジョンジェと言いながら 本人も気付いていない狂気の沙汰? 隠せないもの「咳・愛・貧乏」と韓国映画では良く言いますが、「タイフーン」の丼ちゃんは魅惑的!
私もこの映画で 丼ちゃん 見直してしまいました。

ジョンジェのカン・セジョンは完璧だった、美しい 一瞬 なんの映画を見ているかわから無いほど・・カーチェイス・・大量のサウンド・・アップのシーン・・祭りの後の寂しさを噛みしめてます☆


テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
「タイフーン」を語る おはよう朝日アナウンサー(ミヤネヤ) :: 2006/04/14(Fri)

 「タイフーンを語る」
宮根:韓国に行ったら、とにかく文字を読んでしまうんですよ。意味は、はっきりとは分からないけど。でも、読むことに関しては、3日もあれば何とかなります。ローマ字と(形が)同じですから。

吉岡:絶対に嘘だ~(笑)。どう見ても、ローマ字には見えませんよ。

宮根:ホントだって! 「法則」を見抜けば、ローマ字に見えてくるから。それに、日本語と似ている言葉もたくさんあるし。面白いですよ、韓国語は。


__吉岡さんは、韓国の印象やオススメのものとかってあります?

吉岡:オススメのものは、宮廷料理ですね。凝ったメニューが何十品目とあって、しかもどれも、驚くくらいおいしい。あと、焼肉のときに出てくる白菜の付け出しもイイですよ。

宮根:ソウルに行くなら焼肉だよね。豚肉を葉っぱで巻いて食べるサムギョクサルとか。有名な焼肉屋なら、芸能人も普通にいますから。役者さんが経営するレストランも多いです。


__では最後に、今後の韓国映画に期待することを教えて下さい。

宮根:『タイフーン TYPHOON』は、ハリウッド映画に近いものがあり、「韓国映画」という括りを、まったく感じませんでした。
『私の頭の中の消しゴム』(2004)や『ラスト・プレゼント』(2001)のような秀作も発表される この質量はすごい。「アジア映画」として、絶対にハリウッドを席巻するでしょう。でも、『タイフーン TYPHOON』のスケールの大きさに本当に脱帽。

吉岡:宮根さんの話を聞いていると、「韓国映画はもっと良くなるはず」と思いますし。あと、昔の韓国映画と今の韓国映画を見比べるのも楽しいかな。とにかく、たくさん観たいですね!

宮根:韓国って“ベース”がすごいですよね。大学でも、演劇課などがたくさん設立されていて、監督や俳優もかなり教育されていますし。

☆目が点になるようなことを堂々と発言なされて こっちが脱帽でした。

 ①3日でハングルは読める(IQは150以上ならね)
 ②有名な焼肉屋には 有名人がいる(信じられない)
 ③焼肉の時に出てくる白菜の付け出し(キムチのこと?)
 ④「タイフーン」は韓国映画には見えない(一体何に見えるって?ハリウッドだって!)
 ⑤アジア映画としてハリウッドを席捲する日も近い(アジア映画??席捲したって)
 ⑥「韓国映画」はもっと良くなる!(良いんだって!)
 ⑦昔と今を比べるより 今の映画だけでもしっかり見れ欲しいです・・もっと良くなるって 何見てんだろう?
 ⑧監督や俳優もかなり教育されています・・・見る人も教育されたいですが 宮根さん吉岡美穂さん あなた達も教育されて下さい☆
 

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. inジョンジェ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ヒップホップのダンス帝王?チャン・ウヒョク♪ :: 2006/04/13(Thu)

〓1集『No More Dorama』を中国内でリリースする「韓国の歴代歌手のうち、初回出荷量としては過去最大の10万枚を記録した。これは2004年の東方神起、2005年のRainに続き、今年中国でチャン・ウヒョクブームが巻き起こっているため」と伝えた。

 3年ぶりに中国を訪れたチャン・ウヒョク人気は想像を超える。〓

☆ Kポップ界では 既に有名な方(HOTのメンバー)だそうで ソロになって 中国でレコード再デヴュー。
なんでも 中国ではRAINを押さえて 「ダンス」が最もカッコ良いに選ばれたそうです。
動く彼を見てないので(セクシーなんだって)コメントできないですが 日本上陸も想定内に入れているとのことです。
あらゆるアーティストがもう誰かさんのお気に入りになってしまっている今、
チャン・ウヒョク君 オルチャンですから(汗)
1978年5月8日 176cm 60キロ(痩せてますねぇ~)O型 ☆


テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. 韓国 ウワサ話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ジョンジェssi VIP試写会に! :: 2006/04/13(Thu)



マイキャプテン、キム・デチュル★って凄い映画らしい?

       私たちとっては隊長、他人にとっては泥棒!
       2006年国宝級ヒューマンストーリー
ある日、国宝級文化財が消えた!消えた宝物の行方を追っていた伝説的な世紀の発掘人・デチュルは重要な手がかりを握る子供たちに出会った。
カリスマ性を持ったデチュルは彼らが並々ならない相手だと気付き、正体不明の子供達を相手にデチュルの捜査が始まる。やがて彼らは予想のつかない正真正銘の宝物を見つけることになる・・・

☆オモオモ この映画4月20日韓国公開らしい。
VIP試写会に来た メンバーが凄い、メンバーが赤い絨毯(無かったかな?)踏みしめ 会場入りするシーンを繋いだだけでも 日本では売れますね。
イ・ジョンジェ、 イ・ビョンホン、 ソン・ガンホ、 シン・ハギュン、 パク・ヘイル、 ウワァ~の悲鳴ですわぁ。
主演の方(チョン・ジェヨン)舞台からミュージカルまでこなす 実力派。
しかし 日本公開となると有るかな~ 無いだろうなぁ~
見たい映画と 見たい俳優 中々 合致しませんワァ☆

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
「タイフーン」ボックスオフィス第5位☆ :: 2006/04/12(Wed)



〓チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ主演のアクションエンターテインメント『タイフーン』が、日本公開第1週のボックスオフィスで5位を記録する好成績となった。

 チャン・ドンゴン主演、チェン・カイコー監督の『PROMISE』は公開当時第1週のボックスオフィスで4位となっている。

 一方、ボックスオフィス1位は『ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女』で、6週連続1位を走っている〓

☆ちなみに 第1位 ナルニア国物語
       2位 ドラえもん
       3位 プロジューサーズ
       4位 こぎつねヘレン
       5位 タイフーン
 春休みで ドラえもん・ヘレンはキッチリ集客、ナルニア国は強いです。
 プロジューサーズはブロードウェイでも大ヒットしたミュージカル、ファン層が厚い いきなりの3位はさすがです ユマ・サーマン 私も見たいです。
「タイフーン」皆様の口コミと 一度と言わず 何回も見ていただくしかないか? 今のままですと当初の見込みの三分の一の集客となり 興行的には苦しそうです。
「ジョンジェ」ファンは「必勝」のハチマキで祈りましょう(汗)


テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
「タイフーン」上陸!ゴールデンウイークはジョンジェよ! :: 2006/04/10(Mon)



〓ゴールデンウイーク向け第1弾映画ともいえる話題作が8日公開された。昨年12月、韓国で公開され第1週に歴代1位の記録となる180万人を動員した「タイフーン」が初日を迎えた。
 朝鮮半島の南北分断が生んだ悲劇の主人公をチャン・ドンゴンが演じ、彼を阻止する(狙撃)男をイ・ジョンジェが扮するアクション大作。
韓国映画史上最高の制作費(180億ウォン=約22億円)をかけて作られた。

 配給の東映は、「初日は20代から40代の女性を中心に、特に地方館の出足が好調で興行収入15億円以上を目指す」(映画宣伝部)と意気込む。

 タイフーンは、「Yahoo!BB」「Yahoo!プレミアム」の各会員限定で無料先行公開された。オンライン試写会は、千人限定にもかかわらず、応募が約八千人と人気は高かった〓

☆公開されて連日観客動向やレヴューが気になっています。
 アクション映画ばりのシーンはあるし、最初から度肝を抜くような派手なつくりで 眠らせないし(苦笑)若い人が見ても面白いと思う。
回想シーンはウルウル、親を思う気持ちや 姉弟愛は 韓ドラオバさまでも充分泣けます。
国を守る為に命を投げ出す気概などは 男の人や年配の方等は・・・。
要するに タイ・ロシア・韓国のロケは大変リアルで、船・海上シーンも良く出来てるゥで 是非見て下さいのお願いです。
 

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
「タイフーン」正直 感動でした! :: 2006/04/08(Sat)



☆ 「タイフーン」一般公開チュカンダ ☆

シネコンで見たのですが 苦戦してます、初日ですのでもう少し人数がと思
いましたが30人足らずでした。
出来は良かったです、丁寧に撮られているし、音楽も映像も悲劇に満ちた美しさであり、故国から切り離された同胞の「私達を忘れないで」のメッセージが痛い程に伝わってきます。
セジョン(ジョンジェ)が母に遺す手紙を朗読するシーンは(韓国版 聞けわだつみの声です)「母さん、これから20年前に韓国に来たかった男に会いに行きます。
今は銃口を向けなくてはならないけれど、生まれ変ったら、友人になりたいと思っています。」ここで 泣いてしまいました。
丼ちゃん オーラーが出てます、とにかく カッコ良いんです。
ジョンジェの制服姿、佇まい、言葉使い、総てが美しく 懊悩する姿も、慈愛に満ちた眼差しも 完璧です。
生きて帰れぬ(韓国版特攻隊)任務だから、チョンガーを選んだで また涙です。
「オルガン」のミヨンさんは「恋愛中毒」でもビョンホンと共演、「黒水仙」ではアンソンギ大先生と共演なさる位の大物、出番は少なかったですが 丼ちゃんとの再会シーンは「何で待ってなかった!」「死んだと思っていた」もう もう 哀れで哀れで・・・
「タイフーン」は11ヶ月の撮影期間があり、やっと 公開になったジョンジェ渾身の作品です。
絶対に期待を裏切ってないと確信できる 素晴らしい作品になっています。
スクリーンで見なくてはダイナミックさは伝わってこないと思います。
皆さん 騙されたと思って是非劇場に足を運んでください。
私はあと数回見ても良いかなと思っています。
そして レヴューを書きたいです。


テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ジョンジェへの道☆ :: 2006/04/05(Wed)



BS朝日で「モレシゲ」(砂時計)が始まったそうです(制作1995年)
 韓国ドラマの視聴率を語る時必ず引き合いに出されるのでこのドラマ、
 タイトルは知っているものの 見たという方が少なく、
 実際第1回を見た方が 既にリタイア宣言!(勿体ないなぁ~)
 ジョンジェは主演ではないですが助演のトップであり あの若さで このよ うな大役を荷うことが出来たことは 凄いです。
 このドラマの後 入隊、1996年は兵役中に「アルバトロス」に出演。
 除隊してからは一気に花開いた?
 スローライフに相応しい俳優だと思いませんか?
 あまりに素敵過ぎてジョンジェへの道が長いです、しかし その道は決して 険しくなく なだらかで 美しく 楽しみながら よそ見しながら ゆっく りと それでも 彼に向かって 歩いていく道 そんな気分がチョァヨ~☆




テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0