FC2ブログ

☆イ・ジョンジェを捜して☆

韓国映画『情事』を見て 鍛えられた細身の肉体の美しさと 何より その指の美しさに魅せられて 私なりの イ・ジョンジェをスクリーンやテレビドラマの中に捜していきたい。



ロン毛のジョンジェは知的でクール♪ :: 2006/05/30(Tue)



〓29日午後6時、ソウル三成洞のCOEXインターコンチネンタルホテルで開かれたファントムエンターテイメント社のブランドイメージ宣布式に集まったイ・ジョンジェ、IVY、シン・ウンギョン、ハン・ヒョジュ、パク・キョンリムがポーズをとっている。〓



☆ビョンホンssiは「夏物語」の撮影で欠席とか、ジョンジェのヘアースタイル最近は 少しロン毛で 彼はお気に入りのよう、私も好きです。インタヴューを思い起こします。
ハリウッドのレッドカーペットを 白のスーツと スニーカーで歩かれた時もこのヘアーで、年齢に相応しく 気品に溢れる お姿です。
次の映画はどんな物になるか?
普遍的な 人々の 普遍的な愛の物語を リクエストしたいです☆

♪ジョンジェは、シンプルなブラックスーツにビビアン・ウェストウッドのロゴのネクタイとベルトだそうです。
細身のスーツの所為か 痩せて見えます タイフーンの時の 鍛えすぎたお体は想像も出来ません、ビビアンのような フレッシュなブランドを身につけても 伝統あるイギリス紳士風に見えるのは やはり 風格が♪



テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
本物?? 伝説に出遭えた♪ :: 2006/05/28(Sun)




  マイケル ホントに見ちゃった!!

〓「LEGEND AWARD」を受賞したマイケル・ジャクソンはトロフィーを手にほほ笑む=東京・代々木第一体育館  本当に来ちゃった!!数々の奇行でも知られる米人気歌手、マイケル・ジャクソン(47)が27日、東京・渋谷区の代々木競技場第一体育館で行われた「MTV ビデオ・ミュージック・アワード・ジャパン2006」に出席した。

 黒いパンツとジャケットといういでたちが、マイケルの“白い素肌”を際立たせていた。予定より2時間近く遅れた午後6時40分ごろにレッドカーペットに登場。リムジンから降りると、大歓声に一瞬耳を手でふさいでみせたものの、大歓迎に気をよくしたのか、「マイケル最高!」「白ーい」などと思い思いの声援を口にするファンと握手を交わした。

 授賞式では「レジェンド・アワード」を受け取り「世界中の、そして日本のファンに感謝します」と声を詰まらせる一幕もあった。当初から歌う予定はなく、前方にせり出したステージを一周して声援に応えた〓

☆ 写真では気付かないと思いますがジャケットのロゴ(バックもある)等は ピッカッ!ピッカで ヒカリ物です、顔だけは異状に白くて 鼻は特徴があり くっ付いてるぅでした。 思い出になる!話題になるなぁ~でした☆

  


テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
チョコっと RAIN♪ :: 2006/05/23(Tue)



☆ RAIN ポップジャムの収録終えたようです。
  6月2日  日本TV 音楽戦士 24:50~
  6月5日  NHK PJDX 22:00~  6月25日  BS2 ミュジックエクスプレス 18:00~
 
 6月15日のファンミーティング& 6月16日 スタイルを変えてファンミーティング!
 武道館ですから ヤッパリ やっとやっと 見えるかなぁですが・・・

 「このろくでなしの愛」日本語字幕つきを見ました、以前 韓国でDLしたものを頂いて、シナリオは翻訳片手に見ました。
画像は同じ物(当たり前!)ですが、苦労した 方々の想いが込められてた 昨年末の方が感動しました・・・後半の引っ張りが長かったのが残念でした☆



テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. 韓国 ウワサ話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
W主演? 主演はイ・ジョンジェですぅわぁ☆ :: 2006/05/21(Sun)

  200308250000452in_brothers02.jpg


  オー・ブラザー(oh!brothers) 2003/韓国
 監督◆ キム・ヨンファ
 出演◆ オ・サンウ(イ・ジョンジェ)
     オ・ボルグ(イ・ボムス)
     イ・ムンシク(チョン刑事)
     リュ・スンス(ギテ/冬ソナ出演)
     
☆ 名脇役の演技合戦を堪能できます、これでもか これでもかと 負けないよビームが飛び交いますが、それが 決して嫌らしくないんです。
期待されて 期待以上に応えようの精神が嬉しいです、期待を裏切る計算も出来るのに 敢えて コテコテの演技する 名脇役といわれる方のサービス精神に多いに笑わされました。
ボムスの強烈さは メイク・ファッション・喋り・歩き・全てに渡り、ノックアウト寸前。

ジョンジェssiが輝いています、唸るくらい上手いですよ~「華」がある役者だと知りました。

アラァ~ ジョンジェssi チョーンマル チャルナダ、モリガ ウエ~ブです。 
オモ オモ チャカマン サンウが不倫写真を撮って脅迫しちゃうなんて、
ヤァ! アソラ!
サンウが事務所に帰ると冬ソナのドングクがいます・・ノンダム、ノンダム。

ヨボセヨ~ アボジが飲酒運転で事故死・・この アボジは「私の名前はキムサンスン」では死んだオヤジの役、「神話」では死んでないけど、死ねばいいくらいの駄目オヤジの役。

オモニが死んだ日、アボジはお金を握らせて 「ペゴパァ? パップ モグセヨ」 お金を投げ捨てた俺を怒ることもしなかった。

興信所またの名は取り立て屋のパクサァジャン、石に付いた苔がチュミ、ムルを霧吹きでまく、金がいるなら 取り立てろ!

サンウは取り立ての為ポンサァジョンのキャバクラにカンダ。
ポンさんキモ悪すぎ!「サンウヤァ~」 ミッチョソー ミッチョソー アイゴだべ。
なんと ジョンジェにキョアンタ&ポッポヤァ
サンウは接待で誤魔化され、なんせ 人が良いんだか 気が弱いんだか 馬鹿なんだか その全部か 下手なカラオケやちゃうし もう、ジョンジェブランド投げてる。
ペラッペラァ 薄っぺらで 避けて通りたい「サンウ」になりきり、避けて通りたいのに 母性本能くすぐるから 絶対玄人好みの「男」です、ヒモ稼業にならなかったのが不思議 真っ当なお嬢さんはご注意を!

サンウがノルダミョン・・チョン刑事登場!
この男 浪花か広島のチョンチャルカン すよ~
泣いて、脅して、笑って、ぶちのめす ヤクザのセオリーがマンマで痛いぞ~
マジョ マジョ 私はそんなチョンssiがチェミイッタ。
サンウ 歯を見せて 笑ったからと ボコボコ、チョン刑事は他人の笑いがシロヨ~

アボジが借金作って死んだから サンウが払うハメに、金がないのに 払えとは・・オモニがトゥサラム? おふくろは一人だろうが・・聞くほうも聞くほうだが・・サンウはイケてるから・・もう一人のオモニを探して 親父の借金を払ってもらおう。俺って 頭が良い??ウ~ン サンウは ハンパな男。
 
異母トンセンのボングに逢いに行きます。
ボングは12歳で見た目は30歳のアジョシーの設定なのですが、
ポナダミョン 6歳で オルグルは30歳、最初に これだけのコスプレ出てきてしまったイ・ボムス 相当の自信家です、最後まであのテンションで演じきるかと思うダニ、きつそう!

一方のジョンジェssi ノムモッチョ&モムチャン 取っ払ってのスッピンの演技ですぞ~ここからは 二人の 素晴らしいロールプレーをチェミセヨ~。
ボングに 翻弄され 悔しがるサンウ、当り散らすサンウ、父と会わずに暮らした10年をボングが知っていることへの嫉妬 しかめっ面して ケチなことを言ったり 難癖つけたり・・もう サンウヤァ~アソラ!
「レインマン」を思わせる二人? 日本ではこの設定はモッハジアンダ!

ボングにパク社長が魅せられた?
朴社長(元刑事)の「死体を埋める時は3メートル、それ以下は ハエがたかる」ボングはしっかり聞いている「サンウヤァ~ オヤジを胸に深く埋めとけ!」

サンウが妙にカッコ良いの、どうってことの無い ジャンパーだったり シャツなのに 遊び人風で、ボングのゲーセッキで切れ捲くり ヒョンと呼ばせない。
アイゴ~ チョン刑事がワッタ~。
ヌグセヨ~ボングを見ながら?退きながら 「ヒョンをヒョンとプルジマ~、 ゲーセッキ」一応 涙ぐんで 後は脅し、所長の女をマークシセヨ~

ボングが取り立て屋に変身?ギテがナイフの使い方をカルチェヨ「刺して・刺して 刺し捲くれ」アイゴ~ 
変身しても コスプレモードがアップしただけで ボムスさ~ん ヒンメラ~状態ですわぁ。

ポンサジャン ボングを見て カムチャカダ!
ボング ポン社長の大きなほくろをパリと勘違い 果物ナイフでパリ・パリと切りつけるから・・・1件落着。

「ピ~ン ポ~ン」!「ヌグセヨ~」「宅配デ~ス」!「ムォ!」「ボングヤァ」!「ウエィ?コジマ」・・・2件落着

ピッサダ ブティックにて、張り込み中の ボングとサンウが 「ウナ」ssiを巡って チョンマル 喧嘩。
「他に女はいる どこが良い?」「膝が震えていたから・・寝たんでしょう?」「寝ていない!」サンウがバレバレのコージンマルハダ。
「目」が泳いじゃって ボングは暴れて インシュリンの注射針振り回し、お客は逃惑う このシーンは大好き!

次なる 指令は 人探しです。
社長の会社の事務員の妹探し。
この聾唖の妹は父に結婚を反対され 2年前に家出!
末期ガンの父は「結婚を祝福したい」と伝えたいのです、しかし サンウは断わります。
ボングはガッカリするオンニの願を タチャゴチャ 叶えてあげたい、内緒で事務所へ呼びます。
オンニガワッタ! 冬ソナのドングクが トイレに駆け込み 香水をつけて おまけに 髪型までパクダ。
サンウは事務員に2つの約束をさせる。
ハナ!見つかっても 妹はトラオジマと言ったらそれで終わり、疎遠が良い場合もある。
トゥ!・・ボングが盛んに手話をして・・・変態野郎という意味(爆笑)

妹を訪ね「アボジが・・」とボングが手話したら、戸を閉めてしまった。
渡りにペ とばかり アッサー 病院で父親に サンウの奴「最善を尽くしました、娘さんの心の傷は思ったより深いです」と 報告。
背を向けた アボジのオッケが震えてる。
ヒョンはチョァ サラミを傷つけてばかりいるとボングがなじる。
クロッタ!
サンウはもう一度 捨て身で妹にぶつかります、自分が父の死に目に会えず 後悔していることを伝えます。
病院での親子の対面は胸を打ちます、目が見えなくなった父と 聾唖の娘の会話です・・「前より ずっと イッポヨ~」「お父さんも チャンイヤ~」「娘は エギヤァ~、大事にジュセヨ~」車椅子の青年を枕もとに呼び 手を取り合います。

久々のチョン刑事登場、所長のスキャンダル写真をいつまで経っても、持ってこないサンウは死ぬほどやられる。
体も多分心も傷ついているサンウに ボングは添い寝をしてあげる。
パパが 「ヒョンの話になると 決まって背を向け 窓を見ながら 肩が小さく揺れていた」と話します。
ジョンジェの涙が痛いです。

脅されているので取立てする家にボングを宅配して、サンウは所長を遊園地でフォーカスします。
子供と女性がいます、サンウは家族に弱いです たとえ 浮気をしていても家族で遊園地は・・写真は渡せない。
宅配された家で、ボングはその家の子と 同年代らしい遊びをしています。「この子と チョッと遊ぼうと思って」
汗びっしょりになり 走り回り ガンダムで遊んでいたんでしょう、しかし 取り立てたお金を渡しながら 倒れます。

ボングが入院してみて アラチュッタ! トンセン ボングヤァ 俺達「臍」の形が同じ(アボジがボングにイヤギヘッショヨ~)
ボングはオモニの家に帰ります・・親より 子の想いの方が勝ってた・・日本人と再婚して 二人の息子がおでんマァニモゴイッタ(だから おでん・天ぷら見たら キレタのかぁ)
ボングを抱きしめ「日本人とキョロンした私が嫌いみたいだった あんたの父さんはプライドが高かったから」とママは膝を振るわせた。
じっと 見つめるサンウの優しさ、ア~アァ ウナの癖イムニダよ 「ボングはお母さんが サランヘヨ~ チャルプッタカムニダ」もうもう 一人車で帰る道すがら サンウヤァ ウルジマラ・・

「お前のヘソ 俺と似てた」サンウがキップダ、ウッキダ!
「ヒョン ウリ カッチ イッソヨ?」「俺は 自分の面倒も見れない奴だ」「僕が トンを稼いで 面倒見るから」「ボングは ママの面倒を見なくちゃァ」・・ガンダムをサンウの車に置いて・・間もなくボングは 病気が進行して入院します。
ボングに 父の最後の姿を聞きます。
「パパは 何て言った?」僕が行ったときは 血流して 寝てた「ベットの脇に 上着があるから ポケットに80.000ウオンあるから、 何か 買って モクセヨ~」死んでから 上着探したら 40.000ウオンしかなかった。
もう一つ ポケット 探したら40.000ウオン入ってた。
血が変色し、ピッタリと2つ折に合わさった 2つの お金を大事そうにボングが出します。
「今になって よく判ったよ 別にお金を入れたのは 理由があったって。
これ 受け取って」サンウが泣き出します。
顔全体を クチャクチャにして 盛大に 涙を流します。
「ウルジマラ~」ボングに言われる始末です。
「パパが言ってたよ、 ヒョンは泣き虫で 泣き出したら止まらない」 サンウが泣き笑いしながら ボングを抱きしめます。

所長を売ることなく、ボングが録音したテープを証拠に チョン刑事を追い詰めました。

入院中のボングは TVの下着の通販番組がお気に入り!
ママもイッソヨ~ 日本人とのハーフの弟も おでんモゴイッタァ ベットの周りで 小突かれて パンガイ?
ヒョン ポド ピョンジとソンムルです。
ジョンジェの手紙の朗読です・・
≪ 愛する 弟へ 良い子にしている?
   ギテ(冬ソナのリュ・スンス)と会社を作ったよ!
   「人探し」の会社だよ、とうとう ギテは結婚するよ、
   花嫁はショムヒンさん(ぱくサジャンの事務員)だよ。
   相変わらずケチな社長は お祝いのお金もケチったんだ。
   ウナssiは俺達のところで 働いているけど 掛け算も出来ないんだ。
   サングラスはウナssiからのプレゼントだ、似合わないって!
   俺達 他人の写真は 売るほど 撮ったけど、二人の写真散々探したら
   これ 1枚だけ在ったから 送るよ。
   逢いたい時は これを見て≫

チェソンハムニダ 長々と 書けば良いってモノじゃないのに、またまた タイピングの練習してしまいました。サンウの短気で、涙もろくて、お人よしで、口より 手が先に出る 直情男が 情けなくも 愛しかった こんな男に尽くしたいです☆







>>続きを読む

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
  ☆祝☆ 本日 NHKBS2 「純愛譜」放映 ☆ :: 2006/05/13(Sat)



純愛譜~じゅんあいふぅ~
2000/韓国 監督:イ・ジェヨン(情事)
      出演:イ・ウイン(イ・ジョンジェ)
         彩/朝子 (橘 実里)
         ミア(キム・ミニ) 日本人出演者超豪華!

☆今夜は皆さんご覧になれましたか?
もしか見ていない方の為に(余計なお世話ですがぁ・・)ジョンジェの季節は7月 期間30日間限定の、独身男の暮らしぶりをお届けします。
ソウルの役所へ最近転勤になったようだ、バスで通勤している、住居は貧困住宅街(ソウルだと高台:地名に山がつく)でなく、街中の大通りに面した雑居ビルの2階(下は店舗)=東京だと 例えば役所は江東区内の京島とか曳舟界隈で 住まいが亀戸・・これだとバスで近いし タクシー使ってもたいしたことがない、ギリギリの23区で荒川を渡っていないから一応立派な東京都民。

☆ 両サイドは森林 緑に被われている 季節は夏だろう ハイウェイをカメラが追う、真っ直ぐな道が前面に迫り大きくカーブを描く、早朝なのか 行き交う車もない。

東京◆ 彩・・「私は 1ヶ月後の 私が生まれた日 私は息を止めます、
日付変更線の上で、今日か 明日か いつ死んだかわからない場所で」

ソウル◆ ウイン・・ 癖毛の髪は短くて 前髪をオデコに貼り付けている、年齢は27才位、ブルーのカッターシャツ(死語だなぁ~)にパンツ、細くて 姿勢が悪く 左の小指の感覚がない。どれ位感覚がないかと言うと、ハンマーで叩かれ血が流れても 気付かず、いつからそうなったのかも覚えがない 度し難い男。

役所◆ 所員が 揃って寝ている、暇なのか クーラーで気持ちよいのか、食後なのか この役所に限って言えば 男女機会均等法がしっかりと根付いているようです。妊娠した女性も、所内結婚をした女性もいるし 男女の比率もおかしくない。

夜◆ 演歌がバックミュージック、アジアンガールサイトをサーフィンしながらビールを飲む、頭が霞み 朦朧とするまで検索して そのままソファーで寝る。朝 ハンケツ状態(チラ見せ)で、パンツを足首に引っ掛けたままトイレに直行。

役所◆ 男子トイレ修理中使用禁止の張り紙、女子用トイレを利用する、ドアの内側にかけてあるカレンダー(7月はハワイ)事を終わり出ようとすると 誰かが入ってくる音が、隙間から盗み見をするウイン 赤い髪、腰の所のハートマークの刺青、女が出て行く、慌てて 便器に便座を倒し その勢いで タンクの上に置いた納税書が便器にドボン。
可哀想とも 笑いたいとも思えない お約束コントネタが重苦しい。
情けなそうな素振りも見せず 炎天下の中 通知書を干している。
そうしながら ごみ収集の日でないゴミ袋を見ている、軍隊から恋人にあてた手紙、二人で写した写真、住所を探し当て ごみ出しの方法を教える、ウインの屈託した心情に行き着く。

夜◆ 外に向かって 葡萄を食べている、どうしてあんな食べ方をするのか?
やりたいと思うことと、やってしまうことの距離は 永遠と思えるほどに遠いのに いとも簡単に境界を越えるウインに私は共感できないでいる。
母親からの電話「給水塔が水漏れしているので 修理をするように」を 今は緊急事態とばかりに 足の指でコードを引き抜く。
夜も更け 屋上に上がる、給水塔からは夥しい量の水が漏れている、バックには教会の十字架、うずくまるジョンジェ、シュールな光景に涙ぐみたくなります、この映画でのベストショットです)

役所◆ ミア(赤毛の女、パン教室のアシスタント、教室は役所の主催で行われている)がパンを持って所内に入ってくる。
「パン屋になるのが 夢?」「明日 50ぐらいの ババァーになるのが夢!」「ミアさん この仕事楽しい?」「楽しいわけないじゃない!」 みんなでパンを食べるが ウインはパソコンを弄ってる。
男子トイレ修理中、ウインが用を済ませ手を洗っていると ミアが入ってくる 彼女の音を聞こうと 水道を絞る、 水洗の音を聞いて 慌てて 自分も蛇口を全開!勢い余って ブルーのシャツとパンツを濡らす、呆れ顔のミア。
お約束のコントネタですが やはり笑えない、事態は違うが 茶飯事だ、自分に呆れる瞬間だ、監督のリアルさが少し分かり 不快な気がした。

夜◆ 扇風機を回しながら カップラーメンを食べる。
   気晴らしのように 腕立て伏せをやるが (貧相な振りをするジョンジェ)軟弱でぶっ倒れ。
いよいよ この映画の最大のハイライトシーン、映画史上類を見ない「バスタブ スイカ」シーンです。
監督はこのシーンの為にジョンジェを御用達だったかも、ウインがしっかり ジョンジェに見えました。

役所◆ ミアが住民登録証再発行の為 ウインのカメラに収まる、パソで処理して 1週間で再発行。
役得=やくとく って言うけれど セクハラギリギリ、指紋を押した指を拭く。デジ写真を見せるといって 執拗に近づく。
突然の雨! 全員で 窓により 外を眺める。
傘は? バスは遅れる? 洗濯物は? お迎えは? 買い物は? 道路は混んで? 人の交通事故より この雨は 一大事かも・・監督の言いたいことが見えてきた。ウインは傘を差してミアを待つが ミアにはお迎えをしてくれる人がいる。

夜◆ 明日からは2連休(土・日) シャツをはだけて 風に吹かれて ご機嫌でビール。そこへ 義兄が姪を連れて やってくる、義兄は どうやら 警察官、刑事でない。女房に逃げられたのも甲斐性なしだからと 愚痴るが 家事も完璧、子供の面倒も見る この男 風采が上がらないが一番じゃないかな?どうして ウインの姉はこの男と結婚したんだろう?
リビングで雑魚寝していたが ヤッパリアダルトサイトを訪問。
ワンダーワンダーランドの理想のタイプを探しましょうか?
赤毛と打ち込む。
ウインが始めて朝子を見た! バックはアラスカの雪景色、白いファーが付いたショール、白のワンピース、赤い髪、ルビーシューズを履いた朝子だ。
メンバーに参加して下さい!

役所◆ 自宅は 義兄と姪がいるので 休みなのに役所に行く。
パン教室の鍵を開けて 中に入る、ミアの制服が・・決まりネタ 絶対匂いを嗅ぐか 制服着てしまうなのですが、ジョンジェは体が大きいから無理・・ヤッパ 匂いだ、しかし ここも笑えない ウインにハードルはない。
カーテン引いて 役所のパソコンでネットやっているが 入れないので、今度はミアの住民登録用の写真に朝子の顔を貼り付け 住民登録証を偽造しちゃう。

休日◆ 朝子の部屋の会員になるため必死、なんとか2日でなれそう、支払いの契約で銀行に行ったら、昔のクラスメートの女性に会う。
アラスカに住んでいると 聞き 怒り出しそうな雰囲気です、「恋人いる?」「いるよ! 恋人って言うより お互いが好感持ってるんだ・・もしかして 朝子知ってる? どこかで・・」「小説 縁 に出てくる子よ、日本人? 出会いも 別れも 縁よ」

役所◆ 住民の苦情で野良猫狩り
待機しながら同僚の嫌味を聞く振りさえ見せないウイン(言った所で どうなるかぁ~)「お前みたいに 平然と世間を渡る奴を見ると イライラする、趣味で働くとは羨ましい、母さん! 子供の頃から我が家は貧乏だった」 等と ほざいているが 結構 満足しているのが分かる、今時 公務員が 夢の人が少なくないのが現状だ。
インターネットを役所でもやっている 朝子には24時間いつでも会える。
会社の帰りに ルビーシューズを見つけ、ミアにプレゼントしようとするが、ミアには女性の恋人がいた。

夜◆ 朝子を見るウインの表情は美しくもある。朝子を見るウインは意思的であり意欲に満ちた好青年って言うのもなぁ~
パソの画面を手で撫でる、朝子 立って! 朝子が近づく。朝子 こっちへ来て 朝子が来た(東京のスタジオで、ダンカンの指示に従う彩、さぁ~座ってみようか、ゆっくり 目を閉じて、静に 音楽を感じて、じゃァ 立って、歩いて、前へ もっと前に OK)

ウインはファンレターを出します。
「僕は ソウルに住むイ・ウインです。(中略) 追:いつか会えますように」・・このファンレターはアラスカ経由で朝子の元に届きます。

休日◆ 昔のクラスメートの依頼で チャイナタウン建設の為の慈善パーティーに行くが、韓国語を話す人がいなくて 酒をがぶ飲み カラオケの途中でぶっ倒れる。目覚めたら朝だった(役立たずと言ったクラスメート)二日酔いで外の空気を吸おうと窓を開け、寒さで閉めたら小指を挟んで 痛くないから そのまま 引き抜く。TVを見てる「踊るマハラジャ」(これは傑作です、見てない方は必見です)ジョンジェが声を出して笑ってます、分かります。
ボーイが入って来て ウインの血だらけの指を見て・・病院で手当てを受け 家に帰ったら、部屋はプールになっていた。
いない間に母が来たらしく冷蔵庫にメモが「鴨肉とキムチは冷蔵庫に入れておきます、たまには 家に帰りなさい」・・どんな時にも 朝子を見るウイン。
告知「朝子のお別れライブショー 水曜日 午後8時」
チャットをしています、英語で入力を指示される。
ウイン: いつか君に逢いたいです、そこは何処ですか?
サイトのアルバイター: ここは 寂しくて疲れた彼方を慰める部屋です。
ウイン: 君の体に触れたい。
サイトのアルバイター: 私はいつも あなたの手を待っています。 毎月10㌦で私の新しい写真を送ります。
部屋にはルビーシューズが プカプカ浮いています。

役所◆ 変態じゃない? 世の中にはいろんな人がいるのよ! 
ウインが8月のカレンダーをめくる ナイヤガラの滝だ、12月がアラスカ。

夜◆ 朝子のお別れライヴを見る。後ろ向きになりブラウスを脱いだ朝子が前を見る。

白日夢??ウインが地下鉄の中で ミアに似た女優のポスターを見ている、彩は地下鉄に乗るために駅で電車を待っている、電車が止まり 降りるウインと乗る彩がぶつかる、包帯をした小指の痛さに顔をしかめるウイン、訝しげな眼差しの交差(痛みが戻ったウイン)=これを どう理解すればいいのか? 逢いたいと思えば 逢いたい人に見える??

東京◆ 明日は誕生日だ。いよいよ 自殺の決行の日が来る、机の整理をしてる、高校の修学旅行のスナップを見ている。韓国旅行だ、ウインがタスキをかけて彩と写っている、写真の裏のメモ書きを見ている ウインの名前が記されてるかも?(ウインは以前は観光課にでも居たのかな?)
弟が部屋に来る・・「明日 誕生日でしょう? 僕は誇らしく思うよ! 靴の設定が良かったよ!」
朝子はおばあちゃんの家の前を通ります、いつだって 姿を現さなかった フーコが 家族に囲まれています・・監督は家族の再生、再構築を描きたかったのかなぁ~なんて・・。

ソウル◆ 「今 ソウルにはいません、ご用件をどうぞ。皆さんお元気で。それから 母さんありがとう」

ソウル発 東京経由 アラスカ行き!
1分後に 日付変更線を通ります、 彩がルビーシューズに履き替えて息を止めます。
画面が真っ暗になります、彩の息を止めてる間中 真っ暗になります。
息をして 死ねなかった彩が 泣きじゃくります。 その声に 反対側の通路向こうにいたウインが振り向きます。
穏やかな顔の彩が飛行機を降りて ロビーのガラス窓に立ちます、 ウインも降り立ちます。滑走路の向こうの景色を見ています。
ウインが目を落とすと ルビーシューズが、彩が歩き出し、ウインが追います。
~いつか会った気がする・・何処だっけ?~
~ 彼女の名前は 彩  ~

笑顔の二人が アラスカの大地に立っています、ウインが 彩に 上着を着せ掛けます。

  ≪私達の 物語はこうして始まった≫ 
 二人は車で 冒頭ののハイウェイのシーンです。

見事に繋がりました、拍手です・・楽しめましたでしょうか?☆

 


       

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
「インタヴュー」のジョンジェは美しい! :: 2006/05/09(Tue)



 ≪インタヴュー≫ 2000/韓国 
   監督:ビョン・ヒョク
   出演:イ・ジョンジェ(ウンソク 役)
      シム・ウナ(ヨンヒ 役)

「インタヴュー」(仮題)映画のクランクインする1年前のパリにて!
季節は 秋 ウンソクがカメラマンとして撮影に参加している。
シーン44.4番 アクション! 薔薇の花束を抱えた女が墓に花を置く。
独白【 これです・・・この世じゃなく・・・生きる全ての意味を失くしたと思ったことも在りました。
私は生きてここに立っているのに、もういくら話しかけても 一言も話さないんです
 】
撮影が終わり 帰りがけにアンドレイ・タルコフスキーの墓を見つけ、ポラロイドカメラのシャッターを押す。

事務所に顔を出す ウンソクに韓国舞踊団の撮影と通訳の仕事が入る。

ソファーで足を組み(ショック!凄い腿筋) 人待ち顔のウンソク、淡いゆったりとしたセーター 下は短パンか下着か?ジュリーと呼ぶ女がドアの外で 扉を開けたままのラブシーン 余裕。
朝 ジュリーの姿はない、ここからが 衝撃度100% 美しい 美しい バックフルヌードのジョンジェが見られます。 ゆっくりと くまなく 堪能できます(黒の靴下だけを履いて寝てたってことは・・パッション)

自転車、バックパック、美しい郊外の景色、パリのジョンジェが風を切って走る。
スタジオに入る、ソクルロフさんのインタビュービデオを見る。
ソクルロフが語る【 一度カメラを手にしたら それ以後聞く話は 全て真実とは言えません。みんな作り物です。その事で真実は壊される。
一緒にいるのは(インタヴュアーが同席する事)良くないと思う 】

晩秋の雨上がりの道を ウンソクの自転車が走る、今は 廃墟となったような修道院の礼拝堂。男女が 赤のコスチューム、マスクを付け 踊っている、官能的な踊りだ、ウンソクはカメラを回す。
秩序が乱れる 男が高く飛び 二人は 銘々に踊りだす、突然の停止。
男が横たわる・女が男の胸に倒れる・女が顔を上げると マスクが外れる。
男の心臓に手を当てて 手を開くと ビー球が転がり 部屋中に広がってしまう。
女は両手を重ね 立ち上がり 窓辺に向かう そして 重ねた手を開く 放されたものの正体は?

「インタヴュー」をされる 3ヶ月前の シム・ウナ(彼女の本名は知らない)
バレーのスタジオで 先生と呼ばれている。
自宅で 足のマネキュァを落としている・・電話がかかる。
彼から連絡があった?  エッ! どういう事ですか? それで・・・はい
シム・ウナは除光液を飲み干す。
入院 そして 退院。 ミス・コリアから女優になった友人と会う約束をする。
友人と会う前に 美容院に行ってみる。
「ここ初めてでしょう? きれいな髪」店主らしき女性が誉める。
「先生!電話です。」女性が立ち去る。
他の美容師が客と話をしている。
「ヨンヒさん 恋人がいるの?」
今 軍隊に行っているの もう6ヶ月、2日に一度は手紙が来るの
「何をそんなに書く事があるの?」
「浮気するなって! 実は 結婚するんです。 入隊する日 結婚しようって、涙が溢れてきて 私が泣くから 彼も泣いちゃって 映画のシーンみたくて
胸のネームを見る、ヨンヒ。
「お待たせしました」「あの方(ヨンヒ)と同じ髪型にして下さい」

カフェでは「インタヴュー」の為の ロケが行われている。
ここのオーナーは ウンソクの撮影チームに入っている同僚。
ミス・コリアを見つけて 早速 インタヴューが始まる(助監督が撮影)
シム・ウナはカフェ・テラスに出て 空を仰ぐ 見を細める 笑顔が泣き顔にも見える。
インタヴューを依頼されるが・・・言うこともないし・・・帰ります。
気が進まないものの インタヴューに応じる。
「お名前は?」「イ・ヨンヒと言います。」
「失礼ですが お仕事は?」「この近くの美容院で働いています、正式じゃなくて 美容師になる為の準備中なんです」

帰る ヨンヒと ウンソクが カフェのドアですれ違うが お互いは確認していない。

カフェーで 助監督がワインを飲んでいるウンソクにインタヴューをする。
「愛の話をして下さい」
「20人くらい?」 はい? 「20人と 寝たかな?」 もう・・マジ?
「真剣にやります、監督の真実の愛について話して下さい」
「みんな 愛していたんじゃないかな? 他の人は 運命的な愛だとか 何だとか言って 会おう・止めよう・結婚しよう・・実は 私はよく分らない、誰でも 一度は経験したい運命的な愛って一体何なのか わからないから」


ミス・コリアが「美容助手なんて 猫 被っちゃって」二人が笑う。

ウンソクが ビデオを見てる、ボールペンを廻しながら「あの人 誰?」
ヨンヒに惹きつけられた瞬間(これが運命なのに)

「もしかして 彼氏 いる?」
軍隊に入って 6ヶ月くらい経つけど 2日に1回は手紙がきます
手紙が来ないと 気になります。」
「結婚するつもりですか?」
はい、入隊する日に言われたんです、結婚してくれって、その時 何故か 涙が溢れてきて 私が泣くから 彼も泣いて 映画のシーンみたいに。」
このビデオを見るシーン ジョンジェが美しい。

ウンソクのインタヴュー
「1日中立っていると 足がむくんで 手は薬品で被れて」
「きっかけは?」
「幼い頃から 好きで、弟や妹の 髪を切ってあげたりして」
「家族 多いんですね」
「8人です」
「軍隊に行っている恋人とよく会いますか?」
~お水を いただけますか?~
~ヨンヒさん 具合が悪いですか?~今日はここまで!

クルーが集まっている 居酒屋に行く、ウンソクは黙って飲む。ヨンヒが外に出る、ウンソクも目立たぬように後を追う。
「さっきの 家族の話 良かったです 暖かくて・・・」
「私 帰ります」 茫然と佇む ウンソク。

ヨンヒの自宅(ミス・コリアの部屋)で ウンソクがインタヴュー
「ヨンヒさんの 幼い頃の夢はなんですか?」
「クリスマスの時公演を見たんです、ロシアのバレリーナを見たんです、動く度に衣装が揺れて・・」
「そんな覚えが 未だ ハッキリしてるんですか?」
「夢を見るんです、毎日同じ夢を見るんです。不思議なんです どうしたら 毎日同じ夢を見られるんでしょう?おかしいんですよね」
「何の夢?」
「一人の男と 女がいるんです。二人で踊るんです。お互い愛し合ってるんです」
ウンソクがテープをリプレイする、このビデオを見る ジョンジェの顔が絶品です。このシーンを見る為に今度は私がリプレイです(彼の映画史上ナンバーワン)

秋の銀杏並木をウンソクとヨンヒが歩いてる。
「銀杏が青いと 銀杏と気付かず 色づいて銀杏と気付き ア~ァ 秋なんだな~と。本当に美しいものは何か 侘しさがある」
他の人のインタビューにヨンヒを伴っている。

コンビニでウンソクがインタヴュー
「ここで アルバイトして分ったことは みんなラーメンを食べる。誰があんなものを食べると思っていたのに 今は 分る気がします」
「恋人の話をして下さい、会わないと遠くなるって言いますよね」( 手が ジョンジェの手に注目)
「私達毎日会います、起きている時も、寝ている時も、目を閉じると 彼の息遣いを感じます。
彼の名前 ユ・ソンジン・・・ユ・ソンジン 長い間 彼の名前を呼んでいなかった。凄く会いたい」ヨンヒの涙。

ウンソクが家に帰ると ヨンヒから電話。
「土曜日 彼に会いに行くの、一緒に行きませんか?」
ウンソクは真っ暗な部屋で ヨンヒの唐突な申し出に思いを巡らす。
迷いを 忘れるかのようなシャワーシーン。
 ヨンヒはバスタブに身を沈ませてる。

恋人に会いに行く ヨンヒをウンソクのカメラが追う。
ヨンヒが門の手前で横道にそれる、ヨンヒの名前を呼びながら追いかける。
ヨンヒが ユ・ソンジンの墓の前に立つ。
ここにいます・・・この世じゃなくて・・・生きる意味を失くしてしまった事もありました。私は生きてここに立っているのに もう 話しかけても一言も話さないんです】 ヨンヒの涙。
「言いたい事があったら これで 写してください」

ヨンヒ ビデオに向かい 語る。
「私はヨンヒです。 年は27才 おかしいですね、私について 話す事がこれしかなくて。
踊っていました、一緒に踊っていたら 何か 体が凄く軽くなる感じがしました。余りに軽くなって 無くなってしまうんじゃないかと怖かったんです。
あの人無しで どうやって 笑えるのか、どうやって 眠れるか どうしても できそうに無くて それで その人に ついていこうとしたけれど 耐えられなかったんです。
でも 今は 少し良くなりました、そんな 気がします。ごめんなさい・・・・だます気は無かったんです・・・ウンソクさんと話している間は 少なくとも その時間はその人が生きているような気がしたんです。
もしかしたら その時は 私は どんな 真実より もっと 真実を話していたのかもわかりません

ヨンヒがフェイドアウトする、このビデオを見る (ウンソクの顔を直視できない・・苦悩よりも もっと残酷かな)
壁に打ち据えた拳、タルコフスキーの写真が落ちる・・(あなたは真実を求めているか?彼の文字が悲しい)

インタヴューはクランクアップした。 編集の為にウンソクがスタジオに入ってくる。
モニターを見る、早送りする・・・左側にエンドロールが入ってくる。
紙コップのコーヒーを飲みながら、なん台かの モニターが 色々な場面を写している。
8台のモニターが 一斉に ヨンヒの踊る画像になる(1年前に パリで 韓国の舞踊家を撮影したフィルムだ)
彼女の重ねた手が クローズアップになる 窓に向かって モニターがパンして真っ暗になる(エンド)

☆コメントできないです、ジョンジェがとにかく 美しい、「イルマーレ」の優しい 孤独な ジョンジェとは全然違います。
スタイリッシュ・知的・アクティブ この世のものとは思えません☆







テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
やっぱり 「イルマーレ」 ♪ :: 2006/05/06(Sat)



  朝靄の中 イルマーレが次第にその姿を見せてくる(写真をクリックして・泣きたいほど美しい)

 家に「イルマーレ」と名前を付けて、桟橋の脇の大きな木に豆電球をつけてライトアップ、橋のところにはポストが・・彼がポストに手を入れると

「楽しいクリスマスと新年を――私はあなたの前の住人です。実はお願いがあります。大事な連絡が来るはずです。私への手紙は新しい住所に送ってください。お願いします。
   イルマーレでの幸運を祈って キム・ウンジュ
                   1999年12月21日」

1997.12.28 大事な連絡が来るそうですが、この家の最初の持ち主は僕ですから 何かの間違いではないでしょうか? ハン・ソンヒョン

1999.12.29  イタズラはやめて。  キム・ウンジュ

1998.1.7 未だにあなたの手紙が送られてきます。
      追:間違いなく 今は 19998年です。 ハン・ソンヒョン

2000.1.8  1998.1.9 夜から大雪になるから 雪を楽しんで 風邪をひかないで   キム・ウンジュ

朝から空を見てる、天気 気になる? 振るわけないさ!
ソンヒョン 空を見上げる 雪が降ってくる、たわいもない笑顔が美しい。
19998.1.10 君の手紙どうり雪になり 僕は見事に風邪をひいたよ。
君が2000年に生きているとは信じられない、預言者・占い者? ソンヒョン

2000.1.11 私も98年からの手紙とは信じられない、占い師なら良かったのに。
とにかく 私の手紙を必ず転送してね。 ウンジュ

ソンヒョンは同僚とウンジュの住所に行ってみる、「本当だったんだ!どんな人かな?」「誰が?」「あそこに住む人!」「未だ建設中じゃないか。」

2000.1 気になる事があるの、コーラーがいるなら コーラーを何故捨てたの? 私が越してきた時 家の前にいたの。 ウンジュ

 コーラー! お前はコーラーか? コーラーはどちらかにいる筈、人間みたいに寝るコーラーはここにいる。

1998.1 ヘアーバンド ありがとう、僕の髪は短いです。 ソンヒョン

2000.1 記念に一度伸ばしてみて。  ウンジュ

ウンジュに受取人不明のエアーメールが・・水槽に指輪を沈める。
2000.1 誰かを愛したら 幸せになれると思った。 ウンジュ

1998.1 落ち込んだときは料理を・・スパゲッティを茹でて 壁に投げつける・・少しは気分がほぐれた?  ソンヒョン

2000.1 つらいのは愛が終らず ずっと続いていること 失恋した後も。ウンジュ

1998.1  愛を失った人は 何も失わない人より美しいよ 元気を出して。  ソンヒョン

学校を休学する事に、家族の愛を知らない自分は家を設計しない。
1998.1 忘れたい記憶がある。 ソンヒョン

洗濯をすると 過去が忘れられるんだって・・コーラーに話しかける。何から何まで 何処から何処までも 美しいイルマーレ。

2000.2 98.2.11にチュンアン駅で録音機を失くしました、その日に そこへ行けば2年前の私に会えるかも? ウンジュ

駅に走り出す ソンヒョン、ホームの一番端の彼女の指定席にその録音機はあった、レコーダーを耳に・・愛してる・愛してる・サランヘヨ、初めて聞くウンジュの声に喜びが押さえられない、走り出す電車の窓にウンジュを見た気がした。
ウンジュが友人と一緒に録音を聞いている・・こんにちわ!ソンヒョンです、録音機は無事戻りましたか? 初めて聞く彼の声。

2000.2 録音機受け取りました、2つのプレゼントを贈ります、一つは耳当てよ、もう一つは生き物みたいなの。あなたも 頼み事があれば言って下さい。  ウンジュ

1998.2 僕の逢いたい人は いつも見えない所に居た、だから なお 恋しかったのかもしれない 7歳の時父は家を出た・・出さなかったソンヒョンの手紙
逢いたくて 逢いたくて チュンアン駅に走ります 指定席のベンチにウンジュが座っている、その端っこにソンヒョンは座り プレゼントの耳当てをつけるが ウンジュは知らん振り。電車がきた 乗り込もうとしたとき ウンジュが駅のホームで売っていた手袋に目をとめた。 ソンヒョンが話し掛けようとした時・・車中のウンジュが何故か笑っている・・そしてソンヒョンは耳当ての自分を笑う・・赤い手袋を 買う。
1998.2 今日駅で 君を見たよ!白いセーターと 黒いマフラー 長い髪が素敵だった。  ソンヒョン

イルマーレにウンジュが来る、濃いブルーオーガンのリボンにグリーンのラッピング 中から 真っ赤なミトン(センスが好い)

2000.2 イルマーレは時々 人を寂しくさせるわ、私が 前に居た時も同じ。
    「デートしよう」 思いっきり走ってから ビールを飲んで、バイキングにのって ウンジュ

1998.3・2 今度は僕の番、バスを降りて カラマツの林を抜けて 一人で歩くと良い、心が軽くなるよ、僕が良くワインを飲む所、ミレニアムに開けるワインを預けたよ、僕は楽しかったよ 君はどう?  ソンヒョン

2000.3 でも 一人で歩く帰り道はさびしいわ。 ウンジュ

1998.3 ハン・ソクチンに関する2000年の資料を送って下さい。 ソンヒョン
本を買って帰る途中、ウンジュは交通事故に遭い 入院する。本は友人に頼んだが 録音機は壊れた、テープはどうなったのかな?

2000.3 ソンヒョンさん 人には隠せない物が3つあって 「咳・貧しさ・愛」隠そう 隠したい時ってあるでしょう? そんな時 私は思いっきり泣くの。 愛する事は 自分の心を傷つけることだと思う・・・あなたの心が軽くなれば嬉しいわ。  ウンジュ

 本を開く <人は孤独と親密さの中に 自らの姿を発見する> 父と7歳の僕の写真。
 
2000.3 遺作集 役に立つと良いね。
寂しそうに見えたイルマーレが暖かく感じられたのは 愛がこめられていたからなのね、形は違っても 愛は一つだと思う。 ウンジュ

1998.3.3 ウンジュさんに逢いたい! 君さえ良ければ。  ソンヒョン

2000.3・11 済洲島間で来てくれる? 2000.3.11 サンゴ礁の浜辺で午後3時。
私には1週間後だけれど あなたは2年後だから。 ウンジュ

浜辺でソンヒョンを待つ・・期待が不安に変わる、時計と手袋を見つめため息をつく。浜辺に置いた手袋が 波にさらわれて 漂ってる。

2000.3 大分待ちました 2年も先の約束だから 心配だったけれど来ると信じていた。期待しすぎたかな?わかっていても 親しくなると 期待が大きくなるものね。私が逢いたい人は みんな遠い所に居る。この2年間で何があったの? うっかり忘れたのならいいけど・・ウンジュ

何故約束を忘れたんだろう 約束も彼女も忘れる筈がないのに・・ソンヒョンは済洲島の約束の場所に来ている。

2000.3 ソンヒョンさんの手紙は私にとって幸せだった、でも 心の奥に空しさが残っている・・別れた彼のせい? それとも ソンヒョンさんが会えない人だから?
忘れたと思っていたのに 彼の声を聞いた途端 愛した記憶が蘇ったの、彼は他の人を愛している、それを知っている事がとてもつらい、彼を忘れられないの、彼を私から離れないようにして・・・こんな事を頼んでごめんなさい ウンジュ

ソンヒョンはチュンアン駅に行く、ベンチには男が座っている ウンジュが僕を見て笑ったと勘違いした 僕の後ろの男に笑いかけたのだ、二人は腕を組んで電車に乗り込む 僕とウンジュはしっかりと目が合った、でも 君にとって 僕は未だ見知らぬ人!
1998.3 僕が力になろう 一人で悩まずに早く言えばよかったのに、時間がない! ウンジュさん 最初の手紙覚えてる <イルマーレの幸運を祈ってる>って、君と知りあえたのは 僕の幸運だった、今度は僕が祈るよ <君の愛に 幸運が訪れる事>を。これまで手紙をくれてありがとう。さようなら  ソンヒョン

2000.3 彼に会う 日と 場所を教えるね 2000.3.25「モーニング」で。
 イルマーレで一番幸せだったのは ライトアップされた 木の下で 彼からの手紙を読む事。
 ウンジュ

2000.3.25 ソンヒョンさん 其処に行かないで! ウンジュ


☆ ラストは?ハッピーエンドです・・結末は色々想像してみて下さい。
 映画を見ていない人でも 楽しめましたか?
 何度見ても 発見があって 楽しいです、今回は「見えない人とデート」する二人の寂しさが胸を圧倒しました ☆





テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
イルマーレ! リメイク クランクアップ(怒) :: 2006/05/05(Fri)



イ・ジョンジェ、チョン・ジヒョン主演の『イルマーレ』をリメークしたことで話題を呼んだハリウッド映画『レイクハウス(The Lake House)』が、6月30日から韓国で公開される。
これに先駆け同映画は6月16日のアメリカを皮切りに、22日にはオランダ、23日にはイギリスで公開され、7月6日にはドイツなどでも公開される予定だ。

 イ・ジョンジェ、チョン・ジヒョンが演じた役をアレンジし、キアヌ・リーブスが建築家のアレックス役を、サンドラ・ブロックは医師のケイト・フォスター役を演じる〓

☆ジヒョンちゃんが 「これは 違うと思う・・」と不快感を示した「イルマーレ」が完成した。
スピードコンビ復活か 時間は残酷かも、あの頃のキアヌより ズ~ット素敵になったかも?
建築家の役は合っていると思う。しかし サンドラさん ジヒョンちゃんではないですが 違うと思う!

<今日 駅で 君を見たよ 白いニットと 白いマフラー
 そして長い髪が 素敵だった>

<ワインを好きな人は 孤独だと言うけれど 僕はワインが好きだよ>

<つらいのは 愛が終らずに ずっと続いていること 失恋した後も>
<愛を失った人は 何も失わない人より美しい> 
 
 言ってみたい!言われてみたい! 美しさに溢れた台詞、物語の美しさと共に ジョンジェとジヒョンの唖然とする美しさ、映像美と絶えず流れるスタンダードジャス。

声優を目指し、先輩の漫画喫茶でバイトする ウンジュ、済洲島からソウルに出て来て、親近感がある設定。(沖縄出身で 歌手を目指して上京するけど 仕送りだけではやっていけない ネットカフェで明け方までバイトも珍しくない。バイトも専門学校も渋谷だけど アパートに着くまでは私鉄を乗り継いで1時間・・テナ感じかな?)

ジョンジェの雰囲気を ハリウッドスターの誰かと考えた時 キアヌは 悪くない キャステキング。

日本公開を何時なんだろう? 怖いもの見たもあるし ☆


  1. その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
写真のどこかに 私がいる♪ :: 2006/05/04(Thu)



☆この写真を撮る時も大騒ぎで楽しかった。
ステージから見たら42.000人ってどう見えるのかなぁ~やっぱり 凄い。
ファンミーティングとは一言も言ってないのに、ミーティングなんてしてないのに、彼もその「看板」だけは外したいと望んでいたのに、メデァの取り上げはオール、全て 「ファンミーティング」の冠!(残念です)

一般の方からの質問コーナーがあったのですが(3件かな?)
これさえなかったら 完璧でしたが・・
1「自宅の裏の畑で何を作ってますか?(答:ナス・キウリ・サンチェ・ぶどう)←そんなに詳しいなら 聞かなくともいいのに!
2「普段は何を着ていますか?」(答:短パン+Tシャツ)  
3「寝る時は 何を着てますか?」←2と似ていたから答えなかった様な?
 このような質問を質問者の映像と共に流したのですが、これが 所謂「ファンミ」の正体なのかな と思いました。

ビョンホンさんの笑顔は 決して作られたものでなくて 自然だと言うことが良くわかりました。 
大好きな彼の声が 今も 聞こえます←自慢(汗)☆
  


テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. 韓国 ウワサ話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
チョアヨ韓国「イ・ジョンジェ」をインタヴュー♪ :: 2006/05/01(Mon)



〓ラジオ チョアヨ韓国」のアナウンサー八木早希さんが「タイフーン」
のプロモで来日中のイ・ジョンジェにお逢いしてお話した事を語ってくれました。

「タイフーン」では、凛々しい軍人役。筋肉隆々の方が現れるのだろうと思ってインタービュー会場で待機していると、姿を現したのは、線の細いモデルさんという印象の方でした。「タイフーン」のカン・セジョンとは全然イメージが違うどころか、私がスクリーンで見たどの役とも重ならない印象だったのです。

韓国の特殊部隊に実際に入隊し、武術や狙撃の訓練をしただけでなく、軍人の方々とたくさん言葉を交わして、その表情や風貌を身につけていったそうです。

明るい役だと、一段と明るくなり、シリアスな役を演じると、寡黙になってしまう・・・
いろんな俳優がいますが、イジョンジェさんは役に影響される方だということです。
どんな作品に出演しても俳優本人の印象しか残さない人もいますが・・・
そういう意味では、映画に馴染む俳優さんですね!
それが、彼のキャラクターなのでしょう。
無味、無臭、透明感・・・そういった言葉がぴったりでしょうか。
清潔感に溢れた素敵な方でした。〓

☆このアナウンサーの方は若すぎたのか、ジョンジェの作品をしっかりと見なかったのか、知らなかったのか 情けないコメントをしています。

「無味・無臭・透明感がぴったりでしょうか」コントラック、エビアンのCM?じゃ無いんだよ 何を学んできたんでしょう。
言葉の勉強をして欲しいです。
役者って どんな演技を監督から要求されたとしても 死期転生死期回生起死回生(ご指摘コマオ~ どうしよう?死んでお詫びの心境です)みたいに いつか ギャフンと言わせてやるがどこかに出てしまう、その 「俺って演技者」が邪魔臭いんだけれど どこか憎め無い。
ジョンジェssiのモムチャンも 禁じ手に近いと思う。
カン・セジョン 凛々しい制服姿は「華」があった、こんな上官がいる軍隊だったら 入りたくなる、こんな上官のためなら命も惜しくない、そう思わせるほどの 人物をジョンジェは創りあげた。
姉に逢わせることでシンを追い詰めた時、あの対面(ドンゴンの演技が素晴らしかった)のシーンが「タイフーン」の半分を持っていってしまったかな。☆


テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. inジョンジェ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0