☆イ・ジョンジェを捜して☆

韓国映画『情事』を見て 鍛えられた細身の肉体の美しさと 何より その指の美しさに魅せられて 私なりの イ・ジョンジェをスクリーンやテレビドラマの中に捜していきたい。



ドキドキ韓国・・・こんなにも美しい紅葉を見れたから。。。。。 :: 2010/11/28(Sun)

IMG_1001.jpg IMG_1125_20101129011605.jpg IMG_1196.jpg

11月22日成田発9:00 仁川空港11:35
とても 暖かい ダウンが邪魔です、リムジンバスでソウル市内に入る。
両替は銀行の方がレートーが良いので 挑戦してみて(例えば今 空港だと127ウォンですが、銀行だと134ウォンになります、パスポートを提示したりで 時間がかかるので 面倒と言えば面倒ですが 昼食代にはなりますヨ)
今日の目的は 新しくなった光化門を見ることと、「東大門運動場駅」が「東大門歴史文化公園駅」に変わり 取り壊された野球場が東大門歴史文化公園になったと言うので・・日本植民地時代に壊されたソウル城郭とニ間水門(イガンスムン)が復元されてました。
只今 急ピッチで開発途上という感じですが ギャラリーではイベントもあり 新たなデートスポット?になるかな・・・。
明洞の「NOON SQUARE」地下2階の永豊文庫はコンパクトで買い物便利 今回も2冊ゲット!
ロッテマートで「깨찰빵믹스」(ケッチャルパンミックス)←とても美味しい パンを作れる粉です、外はカリカリ 中はふっくら ホテルの朝食で食べて 虜になった一品です・・を買って、大好きな モカパンも買って、 チムジルバンに寄って一日が終わりました。トランクだけをホテルに保管してもらい 3泊の旅に出ます

IMG_0983.jpg    IMG_0988.jpg    IMG_0991.jpg

11月23日ソウル駅 KTX115 8・30発  東大邸駅10:16着  (特室 グリーン車53.800ウォン)(東大邸は ジョンジェのハムレット公演以来 2度目です)
地下鉄1号線(東大邸駅 裏側降りて ピラミッドが目印)東大邸駅→聖堂モッ 下車(12駅目)☚ここの駅で 荷物を預ける
西部バスターミナルから 海印寺行きのバスに乗るのだが・・・12時出発のバスしかない!
(1時間40分かかります。 バス代6.600ウォン)
ターミナルで海苔巻・おでんで 時間をつぶす。
海印寺に到着→ここから 山門までタクシー(5.000ウォン)
憧れの地に降り立ち・・・こんなに 美しい紅葉が見れたのだから もう 何も 望まないと清浄無垢の心で思い 世界観が変わったかも

IMG_1009.jpg  IMG_1011.jpg  IMG_1014.jpg

=大蔵経は、経典の総結集で一切経とも呼ばれる。経・律・論の三蔵とその注釈から成り立っている。高麗八萬大蔵経は、縦が約24cm・横が約70cm・厚さが約4cmの白樺でできた版木、81,258枚からなる。そのために八萬大蔵経とよばれるようになった=  ここまで 運ぶのが大変だっただろうなぁ~幼稚な感想で スミマセン、それほど 石段が急で 怖かった
IMG_1022.jpg  IMG_1025.jpg  IMG_1027.jpg

☆帰りは 山門でタクシーを呼んで(行きのタクシーが名刺をくれる)海印寺バスターミナルへ・・
16:00出発 またまた 1時間40分かけて 17:40地下鉄 聖堂モッ駅に到着← 預けたリュックを出すが これが もたつく(指紋とナンバーの両方ですです)手間取っていると 直ぐに ロッカー担当職員が来てくれる(担当者置くより もっと 簡単なロッカーが無いのかな?)
地下鉄20分乗って 東大邸駅到着!
外は真っ暗  今夜は慶州泊まりなので 食事をして、 東大邸バスターミナル(KTXから 少し離れてる)から 最終20:30発のバスに 揺られて 1時間(4.200ウォン) 夜9時20分ごろ慶州バスターミナル到着!
慶州駅を方向に向かい 歩き やっと ホテルに到着(日本より メールで 北朝鮮が爆撃との ニュースに驚くが・・・TVを見ても 内容が判らず 繰り返し 爆発場面だけが流れていました) 

11月24日 慶州
慶州バスターミナル前 「天馬観光」で 11時~17時 観光バス(バス代 15.000ウォン、仏国寺他入場料10.500ウォン、 昼食バイキング7.000ウォン)を予約した。
時間が在るので(一緒に旅した方はヨン様ファンの同年代の方です)『韓国の美をたどる旅』で、ペ・ ヨンジュンが一番記憶に残っている場所が、慶州の黄龍寺跡(ファンニョンサジ)だというので 朝っぱらから タクシーで行ってきました。
ヨン様と同じポーズの おつぎで~す噴飯物でミアン! 
IMG_1038.jpg  IMG_1044.jpg  IMG_1053.jpg

慶州観光ルート バスターミナル→ 鮑石亭 →大稜苑(天馬塚) →膽星台(チョムソンデ) (昼食) →石窟庵 →仏国寺  バスターミナル(解散)
☆説明は 全て韓国語で判らないから 何となく聞いていたら 日本語を3年独学した学生さんが 一緒に回ってくれた、石窟庵は日本語のガイドさんが説明してくれたけど 現在はガラス越しにしか 見れなくてガッカリ、しかし 大稜苑の 雄大で豊かな 美しい景色は 言葉にならないです。
慶州駅は 皇南パンが有名ですが 駅近くに 本店と支店が有ります、おつぎは 慶州駅中の皇南パンが美味しかった、本店と もう一つの店も 中身が微妙に違ってて 不味かった!(直径5センチ大の饅頭で 餡があまり甘くないのが特徴? 20個入って 12.000ウォンだから 手土産や おやつには 安くて好いのかも)
昼食のバイキングが 面白かった・・・日本の食べ放題バイキングと同じだけど 面白いのは 韓国料理だから格段種類が豊富、韓国アジュマの食べっぷりは 見事でボー然として 見てました
IMG_1061.jpg  IMG_1065.jpg IMG_1067.jpg
鮑石亭                  大稜苑                   大稜苑             

IMG_1068.jpg  IMG_1071.jpg IMG_1072.jpg
  大稜苑              김정민さん                   膽星台        

IMG_1078.jpg  IMG_1080.jpg  IMG_1100.jpg  
石窟庵・・・ありがたくて しっかりと お祈りしてきましたがァ 願い事が多すぎてしまった(反省)

IMG_1124.jpg  IMG_1101.jpg  IMG_1111.jpg
仏国寺・・・この世と あの世を 渡る階段だそうです・・たまたま 今日 日野原先生のホスピスをTVで見ていたら 丘が有って この丘が この世と あの世を渡る丘みたいな事を言ってました・・おつぎも 出来るなら 石の階段を ゼイゼイ言いながら上がっていくより なだらかな 丘陵をハァハァ程度で 超えたいものです。。。慶州泊まり 


11月25日 慶州国立博物館 →新羅ミレニアムパーク →半月城(膽星台の向かい側の 傾斜面を登っていくと なだらかな 丘に出ます、新羅王によって築かれ、935年に滅ぼされるまで新羅の王宮があったのですが、現在は石垣と石氷庫が残るのみです)

慶州国立博物館・・・9時開館で 入場料無料です、国の誇りを内外にアピール!
8:30分ホテルを出発 タクシーで・・近いので 早く到着しすぎて 博物館の外周を散歩、畑のど真ん中に鎮座?         
IMG_1129.jpg  IMG_1138.jpg  IMG_1144.jpg

新羅ミレニアムパーク・・・ドラマ善徳女王は時々みる程度で 判っていないのですが 豪華キャスティングで、なんと言っても 韓国女優さんの中で一番好きな イ・ヨウォンが出ていたので行って見たかった
石窟庵のドームのアーチを真似た入口から入ると、いきなり 花朗ミシランの好演が始まると言うので メイン公演場へダッシュ?(10:30)
花火があがり、海戦有りの 大スペクタル劇・・・子供でも楽しめる創りになってるから 言葉が判らなくも 興奮しますねぇ~(約30分位?)
IMG_1155.jpg  IMG_1172.jpg  IMG_1174.jpg

エミレタワー(本物より・・・慶州国立博物館に有る・・4倍の巨大な鐘の中は マクドナルドでした、プルコギバーガー注文 これは美味しいヨ)
ぶらぶら 撮影地等を見ていたら 今度は 花朗の道のショーが始まると言うので またまた ダッシュ?
馬上武芸 これは 結構イケメンが乗ってるんですが 曲芸ですから 写真が撮れず残念、イケメンでない 馬に乗らない 花朗(じょあないよなぁ~)を パチリ
入場料18.000ウォンで ショーを2本、善徳女王セットや 花朗の砦など 満足度が高かった!  
IMG_1169.jpg  IMG_1167.jpg  IMG_1176.jpg

今夜は「安東」泊まりになるので これから移動です・・・時間が在るので 慶州最後に目に焼き付けたい場所は 半月城跡です・・・泡沫の夢 枯れ野の褥に置いて来マ~ス
IMG_1185.jpg  IMG_1187.jpg  IMG_1189.jpg

☆慶州市外バスターミナルから 「安東」行き無バスに乗る・・・普通は3時間かかるのですが 2時間で着く 特別便が有る、しかし 16:00発しかない
15:00発のバスは3時間かかるが 運休、たとえこれが有っても 16:00発と 同じ時間に到着するのだから 余程 混んでいなくては バスは出ないだろう・・・たった12.000ウォンで ゆったりとした デラックスなバス!
韓国の乗り物事情は素晴らしい!
駅近くの コーヒーショップでコーヒーを頼むと 名物찰보리빵(皇南ぱんの一種で 皮が大麦使用)が付いてきた。

乗車したバスは デラックス仕様で 乗客5~6人しか 乗ってない、採算取れるのかなんて心配してしまう、バスは 6時ごろ 安東に到着! 安東駅も近い・・・ホテルも近い・・荷物を 置き 夕食の為 フード横町(近い)に行く。
IMG_1285.jpg  IMG_1190.jpg  IMG_1259.jpg
安東高速バスターミナル    バスは座席が大きい          市外バスは普通!      
かなりの老朽化        横 2人席 1人席           陶山書院行き67番
 
時間が 早いので なるたけ 人が入っている店に飛び込む・・・メニューが 来て驚いた、安すぎて 怪しいけど 笑顔のお兄さんに逆らえず、牛焼き肉 2人前注文 鉄板はジンギスカンの時のような 巨大な鉄板で 油が 落ちるようになっている、野菜・キノコ・肉(肉の切り身が小さくて 悲しい )しかし 量は多い、何種類もの副菜がついて 一人前4.500ウォンです(日本円で430円とかぁ)地元の方は 焼酎瓶をズら~っと並べてる(これなら どんなに 食べても 幾らにもならないなぁ~、本物の安東牛を 食べたかったのィ とんでもない 牛を食べてしまった!) 


11月26日 河回村 → 陶山院             
安東バスターミナル 47番バスに乗る 8:40発  9:20到着(40分かかる)
バスを降りて 村に入るチケットを買う(2.000ウォン) 河回村行きのシャトルバスに乗る(5分くらい)
村の入り口で降りて ここから 村を一周して また シャトルバスに乗って 安東バスターミナルまで40分かけて戻る。(バスの時間が決まっているので 遅れないように・・・11時40分発  12:20着安東バスターミナル)

IMG_1253.jpg  IMG_1254.jpg  IMG_1206.jpg
河回村タル博物館                               河回村

IMG_1222.jpg  IMG_1220.jpg  IMG_1221.jpg
ヨン様がお泊りになった 和敬堂(北村邸)・・ご主人が門を開けて見せてくれる(スタッフと一緒に撮った写真も 飾ってあります、当主の自慢のようです)

IMG_1228.jpg   IMG_1243.jpg   IMG_1250.jpg
三神堂神木               リュウ・シウォンさん実家

☆三神堂で 子宝の神と知らないで娘の為に願いを書いたのはイイのですが、息子の事や 主人の事も書いて 3枚も木に結びました、後で よく考えたら 日本語が判んないよなぁ~と 気付きました

リュウ・シウォンが幼少過ごした家だそうです、現在はお兄さんが後を継いで居るようです(「春のワルツ」でフィリップの母の実家で登場) 

村の人口が232名となっていますが 生活感が乏しく、人の気配が少ないです・・・ここは 別荘のようなもので もっと便利な場所に本宅等をお持ちのようです☆

安東に12:20戻る・・・ 陶山書院行きのバスが13:10発なので それまでに 安東名物 간고등어 塩サバ定食を食べる。
日本では一匹を塩焼きで食べるなんてことなかったけど、美味しくて ぺろりと 完食!(8.000ウォン 何でも安い)

IMG_1258.jpg  IMG_1127.jpg  IMG_1198.jpg
サバ定食               皇南パン本店            安東フード横町  

 
安東バスターミナル 67番バス 13:10発  13:50着
帰りのバスが 15:50発  16:20着(15:30のバスは無かった・・バスの時間が変わっていた!)

今回の旅行で一番良かった場所が 陶山書院でした。
試士壇を望む光景は飽きることなく 長い間 ベンチに座って 眺めてました。
IMG_1261.jpg IMG_1284.jpg IMG_1268.jpg

IMG_1276.jpg IMG_1271.jpg IMG_1282.jpg
☆儒学の大家、李退渓(イテゲ・李滉)が朱子学の研究と教育のために1561年に建てた儒学教育施設で、簡素な建物に籠められた先生の情熱が感じられました(外観よりも 精神だ!!)1.000ウォン札の肖像になっています☆

安東に戻り ホテルで荷物を受け取り 東大邸行きのバスに乗ろうとしたがぁ・・・17:00発のバスは 満席で乗れず、次の17:39発にになってしまった。
安東バスターミナルから 東ソウルバスターミナル行き(3時間)が あるので、それで 帰った方が 一本で帰れるので 便利なのですが・・・KTXに 乗りたい おつぎは 面倒で 時間がかかっても 東大邸行きのバスを 選択。
1時間40分かかって 東大邸バスターミナル到着!
KTX東大邸駅は 少し離れています・・・一番早い ソウル行きのチケットを 買いたかったのですがぁ・・・・なんと 今日は 花の週末でした満席でチケットが取れず KTX 364 21:25発 ソウル23:10着(特室)のチケットをゲット
大きな駅なので 駅中は充実、スタバみたいなお店でコーヒー&サンドイッチでお茶(日本ではサンドイッチは食べないけど 韓国のサンドイッチは中身が充実?で 最低レベルが高いと思う・・・それと 何処に行っても 大きな駅の近くには 「PARIS BAGUETTE」があるのが ありがたい、モカパンは必ず 買うけど 他も 水準が高いです)
IMG_0999.jpg  IMG_1286.jpg  IMG_1287.jpg
旅のお供はPARISのパン!  座席はゆったり大きく!
大好きなKTXで ソウル着(大満足 新幹線グリー車並みで 1時間チョイ ) そのまま チムジルバンへ寄って あかすり(16.000ウォン)をして貰い 身も心も スッキリして  スキップ状態で 最後のソウルの夜を バタン休


11月27日  仁川発18:50 → 成田着21:00で帰ります。
☆今日でソウルとお別れなので お互いに一番行きたい所を訪ね、 残りの時間は 以前から行きたかった サムスン美術館に行く事にしました☆

おつぎのリクエスト:マロニエ公園から 路上美術館を見ながら 駱山公園に登り ソウルを見下ろす

IMG_1289.jpg  IMG_1292.jpg  IMG_1310.jpg
恵化駅                 シンボルの交番        南山タワーを見てる?                        
27日 7時に目を覚まし 外を見ると 傘を差した人が歩いている、ず~っと 晴れていたから 雨も好いかな?でした。
8時半ごろ ホテルを出たら 雨はみぞれ混じりで ヤバいかな?
しかし 連日 暖かくて イマイチ ピリリッとして無かったから 寒さが気持よくて、嬉しかった。
地下鉄「恵化」で降りたら ボタ雪が舞っていて 嬉しくて 嬉しくて 滑らないように マロニエ公園を 歩きだしたら 雪が止んで 晴れました。
IMG_1305.jpg  IMG_1306.jpg  IMG_1314.jpg  
路上美術館     タルトンネ(月の街)・・急な坂道は 積もった雪が残っていて 歩くのが怖かった!
この街で生活するのは 余程の 体力が無いと無理ですわぁ~
「恵化」には レストラン「イルマーレ」もあるし ジョンジェを思いだしましたよ^^^^^ソウルで一番好きな 町ですね、3月には ミュージカルを見たのも この近くの劇場でした、今も 充分老いてますが もっと老いたら 言葉が判らなくても好いから 芝居のハシゴをして、大学路の喧騒を耳に 一人 コーヒーを飲みながら 孤独を甘受したいです 

IMG_1298.jpg  IMG_1299.jpg  IMG_1304.jpg
この見晴らし・・ス・テ・キ・「駱山(ナクサン)公園」は パリにある「モンマルトルの丘」と呼ばれているらしい?です。
ドラマのロケ地でも この長く続く城郭は良く出てきて 実に 絵になるの・・・今日は 明け方降った雪が 城郭の石に積って 煌めいています。


ヨン様ファンの同行者のリクエスト:三清公園 「冬ソナ」のロケ地で 二人が座ったベンチを捜す。

この公園は 公園と言うより 小さな山を連想した方が良いです、アジョシとアジュマの聖域のようで 健康志向の強い方々の 散歩(山登り?)コースのようです。
紅葉が美しく カササギ(勝カラス)が たくさん います。
問題の ベンチは 中々特定できなくて、バスケットコートの近くの ベンチを 適当に認定しました。

IMG_1317.jpg  IMG_1318.jpg  IMG_1322.jpg
ハイキングコース???      勝鳥=カササギ       バスケットコートとベンチ

☆出口で 2匹の犬を連れた息子ぐらいの年齢の人と出会い、タクシーの拾えるところまで 送ってくれると言うので 車に乗せて頂きました。
世間話のつもりで「お家は何処ですか?」と お聞きしたら・・・この近く プレジデントハウスの近くとおっしゃるではありませんか・・・始めての プジャンに遭遇
大喜びの イルボン・アジュマに あうんの呼吸の このプジャン・・・「青瓦台」の前を通ってくれると 言ってくれました(感激)
数年前 見に行ったけど 広い道路の反対側からしか見れなかったのに、今回は 軍隊が居並ぶ前を ゆっくり 走行(彼は この区域に入るとき 検問所に家の番号を告げます)近くで見ました。
そして 光化門の前を通り タクシー乗り場で降ろしてくれました

☆最後の訪問地は サムスンだ!(金持ちのコレクションを見せて頂くってな気持です)
あるわ あるわ ザクザクあります・・・現代美術の先物買いから 古美術まで・・・・

IMG_1325.jpg   IMG_1327.jpg   IMG_1329.jpg
               サムスン美術館                仁川空港のツリー

☆相変わらず 効率の悪い旅をして来ました・・・乗り物の待ち時間と 移動時間が長いのが 特徴です
最後まで おつきあいありがとうございました・・・「一寸先は 光」だという 新しい言葉を 新聞で読み 甚く 感動しております、ジョンジェのニュースが捜せなくて ごめんなさい☆


お疲れさまでした  

  1. 韓国旅行
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
「トリプル」日本放映を控えて ファンミーティング! :: 2010/11/20(Sat)

AKR20101120027900005_01_i.jpg   AKR20101120027900005_02_i.jpg

=俳優イジョンジェが自身が主演したドラマ『トリプル』の日本放送を控えて、ファンミーティングを開いた。

イジョンジェは12月4日からスタートする『トリプル』の日本放送を記念して、日本LaLaTVが18日夕方、東京国際フォーラムホールで2千人余りが参加した中で開催されたファンミーティングに出席した。

イジョンジェは、この席で、「2年ぶり2回目のファンミーティングである。前年に来ることができなくてとても残念だった」とし「トリプルは、多くの登場人物がお互いに絡み合いながら 織りなす人間関係が面白い」と紹介した。

また、第63回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に進出して喝采を受けた映画『下女』のエピソードも紹介して、ゲームやプレゼントコーナーなどを通じて、ファンと交流した。

先月のシングル『ルノチク(Lunatic)』を披露し、日本でデビューした5人組男性グループスマッシュ(SMASH)も特別ゲストとして記載されて華麗な踊りと歌を披露した=

☆今度は「下女」のプロモで 来日を実現して欲しいもので~す


PS: 22日~27日 「韓国」へ 行ってきます。・・・・おつぎが「枯れ野」を 駆け巡る・・・転ばないように気をつけま~す

  5.gif
お留守番は ジョンジェの左手(ハイタッチ)です、クリックして 思い出に浸かってください






  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
イ・ジョンジェssi ファンミーティングで来日\(~o~)/ :: 2010/11/18(Thu)

cefe.jpgPB170039-copy.jpg DSC06419.jpg

☆いよいよ 本日 ファンミーティングですね・・・・この 雨も 明け方には上がり 良い一日になる事と思います。
おつぎは 欠席でございますが、ジョンジェの事を 想い 心が暖かいです

大変 図々しいお願いではございますが、ファンミーティングの様子や ジョンジェの「お手手」の感触など 等 教えて頂けたら 幸いです、ジョンジェとの夢のような 素晴らしい時間を お過ごしください

イヨイヨ ですね・・・・思いっきり 楽しんで 来てね


☆公式によりますと ジョンジェssiは大変楽しく過ごせた事と ファンの皆様の熱い応援に応えて、近く 来日の考えが お有りのようです 
ジョンジェのヘアースタイル やっぱり 可愛いに尽きます・・・・グレーのスーツ 短いダブルのジャケットが素敵!  ブラックスーツはタイトな感じ(座っているので シルエットが良く判りませんが)で ジョンジェがもの凄く 痩せて見えたろうなぁ~なんて 想像しました、笑顔がマスマス 優しくなって お会いした方は 当分 寝ても覚めても うっとりしてるんだろうなぁ~
ljj111.jpg   ljj12181mini.jpg

 


心から

  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
11月3日 自動車ショーに ジョンジェ ご来場! :: 2010/11/06(Sat)

  1_20101106003202.jpg

=車を愛するのスターたちが一堂に集まりました。
今月3日、ソウルオリンピック公園で、アウディ自動車ブランドのランチングショーが開かれた。

アウディコリアは8年ぶりに変更されたハイエンドモデルのニューA8を3日に国内発売した。
高級セダンのローンチ イベント だけに特有の文化 マーケティングを前面に出して豪華に進行された。
アウディコリアは、初めから会場を直接作った。
ソウルオリンピック公園内の平和の広場に『A8パビリオン』という2階建ての建物を設置した。
1階には新車発表のための舞台と数百人収容可能な座席が用意され2階にはほとんどのレストランを彷彿させるレストランとキッチンが用意された。
食べ物や音楽、美術などの様々な分野での華やかなイベントも用意された。 世界的なシェフのピエールガニエールフランスで訪韓し、キッチンを運営し、米国の有名なアーティストのブライアンオルソン氏が振付とペイントが調和したパフォーマンスを繰り広げた。(5日で終了 6日撤去)

イジョンジェは、濃いグレーのスーツ姿、ポイントにカーキ色のネクタイを選んでファッションを完成させました=

☆ジョンジェが チョコット 映っています、お馴染みのヘアースタイルで 若々しいですねェ^^^^
え~っと ちなみに車のお値段は 1億4千万ウォンからで 既に 200台予約済みとのことです




  1. ジョンジェの映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
15年前の過去VS現在・・・今のジョンジェが好き! :: 2010/11/01(Mon)

201011012028221001_1.jpg   201011012028221001_2.jpg
=SBS『砂時計』以来、トップスターに仲間入りした俳優たちの15年前のドラマの中の姿が公開された。

創立20周年を迎えたSBSは11月1日から12日までの視聴者が選んだもう一度見たいと思うのSBSドラマの10のラインを選定し、順次放送する。 1日午後7時、最初の放送で、1995年作『砂時計』が放送された。

ハイライト映像で飾られたこの日の放送で、特に主演俳優たちの15年前、いきいきとした時代の姿が次々に浮かんで、さらに万感が交差した。

特に、現在はトップスターに仲間入りしたコヒョンジョン、チェミンス、パクサンウォン、イジョンジェまで、コヒョンジョンの言葉を借りて、「最も純粋だった時代の作品」時の姿は、自然に、現在の姿と重なっていた。

コヒョンジョンは、昔も今も変わらない外見が、さらに注目を集めた。

チェミンスは、タフな男の代名詞には15年前にも強い男性美とカリスマを誇った。

パクサンウォンは、いきいきとした昔の時代にも、今の知的でクリーンなイメージがそのまま残っていた。

劇中のコヒョンジョンを最後まで守ってくれるボディーガード役で印象深い演技を披露したイジョンジェ、やはり今も あの時と変わらない 柔らかいジェントルな男性美を漂わせた。

砂の時計は、放映当時の平均視聴率46%、瞬間最高視聴率75.3%を記録して「帰宅時計」熱風を作るほど大きな話題を集めた。=

☆2005年「砂時計」を見た頃を思いだし、 懐かしく そして 今から考えると 信じられないほどの熱心さで 見た事も併せて思い出しました。
彼らの台詞に どんなに 泣かされたか・・・・

ヘリン「今まで いつも助けられたわ、一度だけお礼をさせて」
ジェヒ「お返しと言いますが、僕は幸せ者でした、一人の人と特別な関係を築く事が出来ました、誰でも出来る事ではありません、あなたのおかげです、感謝すべきは私の方です、お嬢様にもそんな人が現れることを祈ってます」・・22話 この回でジョンジェはヘリンを守って死んでいきます。

テス「お前と俺は逢ってはいけない縁だ、それでも俺は構わない、俺にはお前しかいない」
ヘリン「覚えてる?今でも思い出すわ 新しい食器・スプーン・鍋、あなたが直した椅子、あれから一度も行っていない」
テス「よせ!思い出すな昔の事は、忘れてしまえ!俺の事も 一つ残らずこの世にいなかった人間だと思え」
ヘリン「これが最後なのね、私一人残されるのね」
テス「絶対一人で生きようなんて 考えるな」・・・
ヘリン「バカみたい・・思い出さえなかったら 私たち可哀想過ぎる」・・23話 二人の最期の出会い

テス「・・過ぎ去った事だ、そんな事よりその後の生き方が大事なんだ、お前のような生き方、俺のような生き方・・なぁ・・ウソク・・お前は凄い、本当に凄いよ・・な、だから お前に頼みたいんだやってくれ・・ゴメンな」・・最終回 死刑執行のテスが最後に見たのは ウソクの顔でした。

必死でナビして 台詞暗記(日本語)して 泣いてました、光州事件を知らなくて このドラマで知りました それにしても ジョンジェssi あの頃より ずっと素敵になってる事が 素晴らしいです




  1. ジョンジェにかんする事
  2. | trackback:0
  3. | comment:1