☆イ・ジョンジェを捜して☆

韓国映画『情事』を見て 鍛えられた細身の肉体の美しさと 何より その指の美しさに魅せられて 私なりの イ・ジョンジェをスクリーンやテレビドラマの中に捜していきたい。



11月29日舞台挨拶は  疾風てのように現れて(#^.^#) :: 2014/11/30(Sun)

☆上映前の短時間の舞台挨拶を ビックマッチ仕様の大型バスで 駆け巡ったようで、幸運に恵まれた 女性は
 ハグ付きで 失神もどきの 時間を過ごされたようですオメデトウ(^▽^)ゴザイマース
ジョンジェのビックマッチに賭ける 気持ちが伝わってくる この日のスケジュールでした(おつかれさまでした)☆

j  1無題  3無題

5無題  2無題  4無題

6無題  7無題  無題

ジョンジェも頑張りましたが 彼の 舞台挨拶を見て、映画も見て、次の映画館に 追いかける 
このローテーションを 夜まで 繰り返したであろう タフな ファンの方 あなた方の熱意は賞賛に値します。
ジョンジェssiは真摯に受け止めてくれてます・・・高倉健さんが 一生懸命やってると 見ていてくれる人が 必ず居るって 仰ってました・・・海の向こうまで 好きな人を応援しに 行けるって 幸せなことだね~心から ありがとう~






  1. ジョンジェの映画
OBビール CMphoto :: 2014/11/30(Sun)

☆ビール大好き、OBビール(*´∀`*)  軽くて ( ゚v^ ) オイチイ
ハーレム状態のジョンジェssiも ( *♛ ェ ♛)☆

8無題  9無題  10無題




  1. ジョンジェにかんする事
ビックマッチ 興行成績 2位 p(^_^)q :: 2014/11/29(Sat)

= 映画『ビッグマッチ』が興行成績ランキング2位になった。

 『ビッグマッチ』は27日に7万5108人(28日、映画振興委員会・映画館入場券統合ネットワーク調べ)が入場、興行成績ランキング2位だった。試写会を含めた通算観客動員数は13万5787人だ。

 26日に前夜公開された『ビッグマッチ』は同日観客4万人余りが入場、興行成績ランキング4位でスタート。27日から本格的に上映がスタートした。

 なお、27日『インターステラー』は観客11万3355人を集め、興行成績ランキング1位をキープ、通算観客動員数は741万76人だった。=


☆【2014年11月22日~23日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(初)『インターステラー』:1週目
2(初)『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』:1週目
3(1)『神さまの言うとおり』:2週目
4(2)『紙の月』:2週目
5(初)『西遊記~はじまりのはじまり~』:1週目
6(初)『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』:1週目
7(3)『美女と野獣』:4週目
8(4)『クローバー』:4週目
9(初)『想いのこし』:1週目
10(5)『トワイライト ささらさや』

インターステラー日本でも第一位 、進撃の巨人は6位発進だから(ビックマッチと進撃の巨人を比較してどうなるもんでもないんですが)ヤッパ ビックマッチ強いです☺︎
劇場数が多いので 土曜、日曜 の 結果が楽しみです。


スンホンの 人間中毒 を見たのですが……シナリオが情事、スキャンダルの方だったので 興味深いものがありました。
スキャンダルも ジョンジェはキャスティングされてましたが ホント 引き受けなくて良かったかなぁが実感でしたが(~_~;)
人間中毒 の スンホンさん 正直 やらない方が良かったのに でした。
ジョンジェssiだったら 絶対 滑らなかったのにぃと 思いました。(終始 情事が チラつきました)☆








  1. ジョンジェの映画
映画『ビッグマッチ』今日(27日)公開「韓国映画のプライドを守れるか! :: 2014/11/27(Thu)


=映画『ビッグマッチ』が韓国映画のプライドを守ることができるか。俳優イ・ジョンジェ、シン・ハギュンが主演を務める映画『ビッグマッチ』が27日、本格的に映画ファンと会い、『インターステラー』の独走を防ぐことができるか関心が集中している。

『ビッグマッチ』は、邪悪な天才のエース(シン・ハギュン)に拉致された兄(イ・ソンミン分)を救うために奮闘する、不屈のファイターチェ・イクホ(イ・ジョンジェ)の話を描いた作品。まるでゲームをするような迫力あふれるアクションが印象的な作品である。

実は『ビッグマッチ』は、26日に前夜公開を通して一足先に映画ファンたちに会っている。前夜公開を通して約4万人(映画振興委員会の基準)の観客を動員し、ボックスオフィス4位を記録した『ビッグマッチ』。しかし、27日からより多くの映画ファンに足を運んでもらい、現在ハリウッドブロックバスターが勢いづいている国内ボックスオフィスに本格的に挑戦状を出す予定である。

現在『ビッグマッチ』は、27日午前7時の基準で、リアルタイム前売り率7.9%で『フューリー』と『ハンガー・ゲーム:ハンガー・ゲーム3 マネシカケスの少女』は抜いた状態。このような『ビッグマッチ』が韓国内の劇場街でハリウッドブロックバスターの独占を抑えることができるか注目が集まっている。=

☆週末を控えて 好発進しています(^O^☆♪
前夜祭の集客数を考えると 劇場数も ハンパないです〜ブラビに負けるわけには いかないp(^_^)q
ハリウッドに屈しない 韓国の民族の威信をかけて ❓と言う 訳じゃないでしょうが ビックマッチ (*^o^*) バンバン バンザイ☆




  1. ジョンジェの映画
ビックマッチにおける イ・ジョンジェの演技とは。.:♦♥♦:.。。.:♦♥♦:.。 :: 2014/11/26(Wed)

無題  55465e6034a85edf2244ca7e4a540923dc54751e.jpg

=「ガチ 可愛い年令」 イ・ジョンジェの愉快さが嬉しい
「ぴったり 可愛い年令」という標語を見て噴き出した!
イ・ジョンジェが映画 「ビッグマッチ」舞台挨拶をしながら見た垂れ幕だった。
この言葉にイ・ジョンジェは 「白髪が いっぱい生えた」と言い返したが、ファンはそのように思わなかった.。
観客たちには イ・ジョンジェは 「ガチ 可愛い年」だった。
最近イ・ジョンジェが出演した映画 「新世界」や 「観相」を思い浮かべれば 恐ろしくて重く カリスマが溢れていた。
このようなイ・ジョンジェが映画 「ビッグマッチ」で 180度変わった.。
頭より肉体を先に使うファイター イクホで登場、状況が与えるコミックさと キャラクターの特有の愉快さがイ・ジョンジェと合体してシナジーを出した。
最近イ・ジョンジェにできたニックネームがある、正しく 「ハンサム」だ、 初めて生じたニックネームだと言った。
しかし 「ビッグマッチ」ではこのニックネームが浮び上がらない、いけずうずうしくて おかしなイ・ジョンジェだけが存在する.。
また無鉄砲で飛びかかるイクホだけが存在する。
イ・ジョンジェの愉快さが嬉しい理由はただコミックアクション映画で見せてくれる才気溌溂のみを言うことではない.。
ハンサムな顔で見せてくれる こっけいな表情は圧巻だ
顔の筋肉を使って自由自在の顔をして見せる時 観客たちは 「ハンサム」イ・ジョンジェではない ツェイクホその自らのキャラクターを一気に見抜くことができる.
一俳優が映画に出演をして観客たちに公開になった時、「この俳優ではなければだめだ」と言う 言い方をする。
「ビッグマッチ」も同じだ、映画初盤見せてくれるイクホの滑稽さは、イ・ジョンジェが持った自然で魅力的な微笑みに倍加されたし、生まれつきの勝負師気質も 垣間見える。
自在に「笑わせる才はない」と言ったが、生まれつきの気質で愉快なコメディーを作り出した
愉快さだけで存在することではない、嬉しい愉快さとおまけで イ・ジョンジェの特有のカリスマと強靭さを感じることもできる.。
生まれつきの勝負師気質と今まで見せてくれ  観客たちが愛するセクシーながらもファイトあふれる姿は 映画のボーナスと同じだ.。
人間の限界を試すような 単なるアクションでは話にならないが,、イ・ジョンジェが見せてくれるアクションだから楽しさが伝わる。
愉快なイ・ジョンジェの姿が嬉しい 「ビッグマッチ」はイ・ジョンジェのための総合贈り物セットとも同じだ.。
今までのイ・ジョンジェの姿から, 多くの人々が愛するイ・ジョンジェの姿まで 魅力百科事典 のように 112分間スクリーンを敷き尽くす。
ツェイクホの能力が人間としては有り得ん話だが「 ビッグマッチ」はドキュメンタリーではなく 「娯楽アクション映画」であるにつき イ・ジョンジェの魅力は充分に感じることができる映画だ。
26日前夜封切り予定だ=

☆微妙な書き方で 26日前夜封切り予定???? 本日のことなんですがァ~ 今夜 やってるのか? 明日なのか?
これまでの予定だと 27日となっていたかも・・・・

「ビックマッチ」の ジョンジェが 演じるキャラと 相まって、ジョンジェの素と 勘違い?する程、一体化してたようです。
この男 人間離れしていて 笑っちゃう程 強い人。
ジョンジェでなければ 演じられなかった、ジョンジェだから 笑える と、絶賛されてます。
身構えないで カッカッカッと 大声で 笑える「映画」が待たれているのでは ないでしょうか?
韓国も 景気が落ち込み サムスンさえも 業績悪化、格差社会に学歴社会 働こうにも 正規登用は 有名校となると・・・
雇用・介護・健康・ナドナド・・・やっぱり 「笑い」が 欲しいです、ジョンジェを笑って 福を抱こう
ジョンジェの魅力満載を信じてま~す☆



  1. ジョンジェの映画
"vogue"12月号  危険な香り(#^.^#) :: 2014/11/24(Mon)

少年のような眼差しで 射る 目線は 幾ら 本人が 否定しても 永遠のアイドルでっしょ

1無題  2無題  3無題

ナルシストなのねぇ~ じゃなければ 俳優業は務まらないって 
4無題   無題

本人の望むと 望まないとに拘らず 需要が有ると言うのは スゴイ事です・・・・・う~ん 西島さんが すっごく 若い方と結婚という ニュースを見ても スゴイとは思わなかったけど、向井くんと 国仲さんとの結婚には オドロキ




  1. ジョンジェにかんする事
僕が美容整形をしない理由ヾ(@^▽^@)ノ :: 2014/11/21(Fri)

無題 1無題  無題



=俳優イ・ジョンジェが美容手術に対して特別な所信を明らかにした.
21日午後ソウル소격동の或カフェーで記者たちと会ったイ・ジョンジェは、デビュー 20年間 その種の手術一度も受けてないことに対して 「いつかは受けることになるでしょうか?  幸い まだよく堪えていますが」とふざけた言い方を放った。

1993年 SBS ドラマ 「恐竜先生」でデビューしたイ・ジョンジェは、去年俳優生活 20周年を迎えた.。
青春スターで脚光を浴びた 20代時代に比べれば 40代の今は、顔にしわもかなり見える.。
しかし彼はなるべく顔に手を出したくないと言った.
イ・ジョンジェは 「演技者は顔に最大限手を施さないほうが良い、俳優は演技で観客と話し、人物が真実であるかのように説得をしなければならないので、顔が本物でないと言うポイントが見えたら 見る人が 映画に 沒入出来ないと思う」と説明した。
引き続き 「最近は もの凄くハンサムな俳優たちが多くて、私が少し醜く見えるとしても 手術を受けるつもりはない」と所信発言を残した.。
外貌ではない演技者として観客たちから愛されたいという意味を仄めかしたのだ。
イ・ジョンジェは 「観相」 封切り当時  ハンサム映像 で話題を集めた事がある。
ある女性観客が舞台あいさつに出たイ・ジョンジェに近付いて 「 오빠! 顔に金を埋めましたネ」と言ったので、イ・ジョンジェが慌てて「良い金です」と言って大きい笑いを誘った。
この状況は映像に残されてインターネット上で大きい話題を集めた.

去年出演した 「新世界」「観相」が連打席で興行を打って第2の全盛期に迎えたイ・ジョンジェは、新作 「ビッグマッチ」でファンとまた会う.。
来る 27日封切りする 「ビッグマッチ」はイ・ジョンジェの無限疾走を描いたアクション映画で 彼はこの作品で骨を惜しまない演技を披露した。=

☆先日 死去された 偉大なるスター高倉健さんの若かりし頃の写真や映像を見て、その お顔の美しさだけでなく 顔の小ささや、背の高さ、腰の位置、足の長さを 思うと 世界基準のスターだったと 改めて思いました。
その彼も 年月とともに 変わっていって 老人になるんですが・・・・
ジョンジェが美男俳優じゃなく 演技者として話題になりたいと願っているようですが、それは 後から付いてくるはずです。
チャン・ドンゴンと言えば 「美男」の代名詞だけど、彼は 役者としても 多くの賞賛を受けていて、今 ハリウッドに通用するのは彼ぐらいじゃないかしら 
確かに わぁ~わぁ~ きゃぁ~きゃぁ~言われて 得意になっていた 20代前半と違い、今では 多くの責任ある立場に居られるんだから ジョンジェとしても 注目してもらいたい部分が チョット 違うかなあぁ~なんて 思っているのかも
「演技を通して観客と話す」と 自信を持って 演技で勝負している ジョンジェ 渾身の作品が 楽しみです。☆

☆この日のインタビューでは「 僕が結婚しない理由」にも 言及したようです。
結婚時期を逃したようで 独身で生きるのではないか? と イ・ジョンジェが最近結婚に対する自分の考えを打ち明けたようです。
しかし 繰り返される この種の 問答には おつぎは 関心が無くて・・・・。
結婚しても しなくても 日々の営みは 永遠に続く訳でなく、毎日を 丁寧に生きるに 尽きます。
ジョンジェssiに対するこの種の質問は セクハラに値しないかな


 

  1. ジョンジェにかんする事
「ビックマッチ」・・広告もビックスケール (・□・;) :: 2014/11/12(Wed)

無題  1無題  無題1

=「ビックマッチ」は野球場グラウンドを掌握した異色広告で話題を集めた。
仮想広告がプロ野球韓国シリーズ中継画面をいっぱいにした。
ビックマッチの仮想広告は露出と同時にグラウンド真中を占領したタイトル ロゴとイ・ジョンジェ、シン・ハギュン、など大韓民国を代表する最強演技軍団が一気に注目をひきつけた。

これだけでな「ビックマッチ」は都心あちこちでブロックバスター級スケールを期待するようにさせる圧倒的なビジュアルで期待感をかもし出している。
龍山(ヨンサン)駅アイパークモール中央広場に通じる野外階段を丸ごと覆って汝矣島(ヨイド)IFCモールは4階建物高さの全面広告を設置してビジュアルや規模メンで視線を圧倒して話題を集めている。
教大(キョデ)駅など主な地下鉄駅舎でも乗り換え通路全体を埋め尽くす度量が大きいスケールを見せて忙しい足を速めるこれらの耳目をひきつけている。
ビックマッチは大規模広告ぐらい度量が大きいイベントで予備観客の関心を集めている。=

☆宣伝力の大きさも 半端ないです、ブロックバスター映画には ブロックバスター級広告が 良く似合います。
道行く人は ビックリして 微笑んでると思う、ワクワクします 11月27日 日本からも 熱心なファンが詰めかけると思います。
あなたに 感謝します。 おつぎは もう 何処へも 行かないから ただただ 祈るだけです

 


  1. ジョンジェの映画
「GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND」オープンイベントに。.:♦♥♦:.。。.:♦♥♦:.。 :: 2014/11/12(Wed)

2_20141112191914fcb.png 無題 無題1

=ソウル市内の新世界デパート本店で11日午後、イタリアのブランド「GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND(ゴールデン・グース・デラックス・ブランド)」オープン記念イベントが行われ、俳優イ・ジョンジェが出席した。 =

☆本日のファッションは ジョンジェに本当に良く似合っていて すごく嬉しい ラフで 粋で素敵だね。
ヤッパ イタリアだよねぇ~今度生まれてくるときは 絶対 イタリア、それも ミラネーゼとしてが夢、オペラシーズンにはスカラ座で、サッカーはインテル・・・・ドーモでお茶して 嗚呼~
しかし GOLDEN GOOSEって 高い、極めて 高い ヴェネチア発のブランドで2000年立ち上げだから 比較的 新しい、日本にはゴールデン グース デラックス ブランド 青山なるものが 存在してますが 行ったことないし
スニーカーが可愛い(5~6万) 個性的なTシャツは(3万前後)丸首ニット(8万上) ジョンジェssiがプライベートでお召になるに 相応しい☆






  1. ジョンジェにかんする事
2014年11月27日「ビックマッチ」封切り☺♡☻♡☻♡☻♡☺ :: 2014/11/10(Mon)

無題   1無題

「ビックマッチ」はイ・ジョンジェにとって かなり重要な作品だ。
「若い男」封切り後20年ぶりに公開する作品であり彼のチケットパワーを再確認する作品のためでもある
近作である「泥棒たち」 「新世界」 「観相」が続けてさく烈したが ひたすらイ・ジョンジェの力だけでさく烈したというには無理がある。
キム・ユンソク、キム・ヘス、チョン・ジヒョン、キム・スヒョン(泥棒たち),チェ・ミンシク、ファン・ジョンミン(新世界),ソン・ガンホ調整席(観賞(観相))等共に出演した かれらのおかげとも言える。
シン・ハギュンがそばを堅く守るが イ・ジョンジェの肩が重いということは否めない。
チョン・ウソンなどと一緒に30・40男俳優全盛時代を導いて来た 彼であるだけにこの作品にかける期待はいつの時より大きい。
映画「ビックマッチ」は天才悪党エース(シン・ハギュン)に拉致された兄を救うためにプロ格闘技選手チェ・イコ(イ・ジョンジェ)がソウルの都心を背景に広げる孤軍奮闘の物語だ。
あたかもゲーム映像を見るように迫力感あふれるカメラワークに保身を図らないイ・ジョンジェの肉弾アクションが引き立って見える。
去る6日開かれた製作報告会でイ・ジョンジェは【もう若くなかったためか激しいアクションが容易ではない】と話した。
だが、予告篇とハイライト映像を通じて彼の話は謙そんであることをすぐ確認することができる。
デビュー20年が過ぎたが俳優イ・ジョンジェは確かに若い。 歳月を通じて得た老練さまで加え申し分ない。=

☆韓国公開が27日に迫りました。
「大ヒット」祈願に 詣でることで お祈りします。
2枚看板の主役でなく 文字通り 「主演」ですので、ここで コケることは許されませんし、韓国ヨジャが見逃すはずがありませんので、大船に乗ったつもりで 吉報をお待ちしてます。
老練さは「観相」で たっぷり 鑑賞しました、あれほどまでに残酷に・・・「下女」の酷薄さを 超えてました・・・
「ビックマッチ」では 兄を救うために 体を張って 悪党に挑むわけですから ヒーローです、どんな 人物に変身するのか 楽しみです。
ジョンジェの肉弾アクションは 指の隙間から 覗くことになりそうです。☆



  1. ジョンジェの映画
イ・ジョンジェ対シン・ハギュン::天才悪党とファイターのゲームの行方は? :: 2014/11/06(Thu)

無題   無題1   無題

= 天才悪党シン・ハギュンから下された 五つのミッション!
果して不屈のファイターイ・ジョンジェはゲームの勝者になることができるか?
11月6日ソウル新沙洞 CGV鴨鴎亭で進行された映画 「ビッグマッチ」製作報告会
イ・ジョンジェは “シナリオがおもしろく、 韓国で見れなかった娯楽性が強い映画”と言いながら作品に対する自信感を現わした。
「ビッグマッチ」はアクションを全面に立てた娯楽映画、サンアムワールドカップ競技場、ソウル駅など ソウルの主要ランドマークを盛り込み パクジョンリュウ武術監督のアクションが加わってブロックバスター級アクションが期待される。
イ・ジョンジェは生まれつきの勝負師気質と不屈の執念を取り揃えた総合格闘技選手イクホ役を通じて 動感にあふれたリズミカルなアクション演技を披露。
彼は “筋肉量をふやさなくちゃいけないと思って 77kgまで増量した“と 近接するために労力した事実を明らかにしたりした。
イ・ジョンジェのみならず, BoAもやっぱり “アクションスクールでアクション演習をして, ボクシングも別に学んだ”とアクションに多くの時間を傾けた事実を伝えた.
チェホ監督はアクションといっしょに多くのキャラクターを投入したという事実を明らかにして “人物がたくさん出るが イ・ジョンジェの演じたイクホが多様に変奏する過程を おもしろく表現するのが最大の目標”だったと説明した。(後半略)=

☆ジョンジェssi 撮影中は少し 太ったらしいですが、現状は ひどく お痩せになっています、遠目で見ると「若い」です、
果たして 近くで見ると? 痩せると 顔が 面長過ぎて(オデコがひろいから?) 結構な割合で 老け顔に見えるかなぁ~ジョンジェに限っては 当てはまりません
シン・ハギュンさんは 唇がチョッピリ アンジー風で セクシーっす
ジョンジェssiの顔と肉体のアンバランスなところが 最も 危ういのよね~





  1. ジョンジェの映画
垂涎 筋肉だぁ^^^^^^ :: 2014/11/05(Wed)

無題

=4日映画「ビックマッチ」(監督チェ・ホ)の主演俳優イ・ジョンジェのスチールカットが公開された。
劇中イ・ジョンジェは兄を救うために史上初のミッションを解決する不屈のファイターチェ・イコ役を担った。

生涯初めてのアクション映画出演でより一層期待を集めている。
イ・ジョンジェはファイターの役割を完ぺきに消化するためにチョコレート腹筋と強烈な入れ墨で武装した。
普段にも筋肉質で整った(鍛えられた)硬いスタイルを自慢するイ・ジョンジェだが劇を完成度あるように描き出すために撮影5ヶ月前からボクシング、レスリングなど本格的なアクション訓練に突入した。
イ・ジョンジェは武術と基礎体力運動だけでなく筋肉トレーニングは別に受けるほど情熱が多く アクション俳優としての素質が多いと 指導者が絶賛した。=

☆インターネットユーザーも「入れ墨」に対して 関心が大きく けっこう 目玉になっているようです。
腹筋もさる事ながら 若々しい 肢体と 容貌が 本当に 素晴らしいです。

腹筋だよね、風邪ひいて 一晩中 咳でもしたら 割れるかしら?等と おバカなことを考えましたしたいわぁ☆




  1. ジョンジェの映画
「ビックマッチ」予告編 2 :: 2014/11/02(Sun)




無題 j j1

=「ビッグマッチ」 俳優イ·ジョンジェとシン·ハギュンの爽快な対決が繰り広げられます。
これら主演を務めた映画「ビッグマッチ」が不屈のファイター チェイクホの活躍と緊迫感あふれるアクションが痛快な快感を伝える2次予告篇を2日初公開しました。
今回公開された二次予告編は不屈のファイターチェイクホ(イ·ジョンジェ)の活躍と邪悪な天才エース(シン·ハギュン)が設計した巨大なゲーム版の実体を確認することができます。=

☆ジョンジェのゆるい刺青が 可愛いです、漫画チックなんですが ジョンジェが 目茶 愛すべきアニキらしくて、何だか とても楽しみにになってきました。
エンターティメントの王道を行く作品なのではないかと 密かに 期待までしております。
今年の厄を 大笑いで 払いたいです。☆

j j1 j2
こんなに オーバーメイクでも イケてます




  1. ジョンジェの映画
「ビックマッチ」ポスター公開 :: 2014/11/02(Sun)

無題

=30日映画 「ビッグマッチ」が最強延期軍団が総出動したメインポスターを公開して期待感を増幅させている.

公開されたメインポスターは 各各キャラクターの個性がいきいきと盛られていてアクション、スケールだけではなく笑いまで責任を取るという期待を集めている.

兄を助けるために ソウル都心をあちこち疾走するイ・ジョンジェの余裕の目つき。
天才悪党の強烈なカリスマを吹き出しているシン・ハギュン。=

☆ジョンジェがメインで あとは 盛り立て軍団が後方に、スキあらば コテコテの 過剰演技しそうな人達ばかりです。
最近の シン・ハギュンssiは 「目力」演技 一本槍で まるで コント?
でも・・・この映画って コント合戦みたいなので ドン「ハマり役」で~す
「暗殺」に続く 次回作は 未定のようで 「徳恵翁主」の話は 只の 話のようで、おつぎ的には 胸をなでおろしているんですが
韓国とは関係ないのですが、北朝鮮が 日本の拉致被害者について これから責任を持って調べると わざわざ 外務省の役人を平壌に呼んで 通達だって 本当に 度し難い国民だと 憤慨しました☆




 



  1. ジョンジェの映画