☆イ・ジョンジェを捜して☆

韓国映画『情事』を見て 鍛えられた細身の肉体の美しさと 何より その指の美しさに魅せられて 私なりの イ・ジョンジェをスクリーンやテレビドラマの中に捜していきたい。



「代立軍」公開されました! :: 2017/05/31(Wed)

20170531001446482_1.jpg

=俳優イ・ジョンジェが インタビューを通じて韓国映画 「代立軍」(監督ゾングユンチォル)と 「ワンダーウーマン」(監督パティジェンキンス)との対決で自信感を見せ、韓国映画の自尊心が守られるか注目されている。
イ・ジョンジェは 「ワンダーウーマン」との対決に対して ≪話そうとするメッセージが似たり寄ったりであったら 分からないが、性格からあまりにも異なる映画、韓国映画の力と 代立軍のメッセージ等の 確かな差別性で かなり期待している≫と明らかにして、力強い自信感を発した。
「代立軍」は 1592年壬辰の乱、王世子光海と 生存のために他人の軍役を代わりに支払った代立軍が、残酷な戦争で運命を共にした話を描いた作品で、アクションとヒューマニズムを同時に描き出して熱い好評を博している。
31日午前(午前 6時基準) 映画振興委員会よれば 「代立軍」はリアルタイム前売り率 20.7%を記録して 「ワンダーウーマン」(34.8%)を追い討ち中にある。=

☆いよいよ公開されました。 現地で 応援してる 真のジョンジェ ファンの皆さま ありがとうございます。
遠くから 好いなぁ~なんて呟きながら 寄る年波には逆らえず 「潮時」を深く感じ入り、直接は 応援出来ない 身を 縮めて
拍手してます
「ワンダーウーマン」日本では8月25日公開ってなってますが、中途半端な時期だね。
最強の美女戦士、あらわる・・・・主人公のガルガドットさんは美形ですが・・・・
なんで?この映画と 対決?したのか 訳わかんない、どう見ても 「代立軍」デッショ



  1. ジョンジェの映画
イ・ジョンジェ 進化 成長中ヽ(^。^)ノ :: 2017/05/30(Tue)

201705291543996153_1.gif   201705291543996153_2.jpg   201705291543996153_3.jpg
j
= 出演した時代劇ごとに観客の心を狙い撃ちしていつも成功した。
そんな彼が今度には 「代立軍」という史劇で再び 映画館通りを 強打する見込みである。
イ・ジョンジェはこれまで 「観相 (913万)」  「暗殺(1,270万)」 に引き続き去年 「仁川上陸作戦'(704万)」まで時代劇興行不敗神話を書いた。
時には悪役を自任して私たちの痛い歴史を振り向かせ、よく知られなかった隠された英雄の崇高な犠牲を演じたりもした。
31日封切りする新作 「代立軍」では生存のために他人の軍役の代わりをした名前ない歴史の中 非運の人物を再証明した。
彼は劇の中で代 立君首長役を引き受けた。
1592年壬辰の乱勃発当時 王世子 光海と共に 険難な旅程を去って倭軍に対立するキャラクターだ。
口ぶりから 武術、目つき など一つから十まで悩みの悩みを繰り返してディテールするように表現した。
「観相」の中の 首陽大君を越す 強烈な熱演を期待してもいい。
イ・ジョンジェは最近進行されたマイデイリーとのインタビューで 「トウが いくら強靭に見えても 戦地で恐れが感じる事ができないのはありえないと思った。 本当のヒーローではない以上そうではないか。 それで目つきにいつも恐れが立ちこめていなければならないと思った」と言った。
声(トーン)の設定の悩みが 一番多かった。、難しくて曖昧であった。 トーンを低めれば 典型的な史劇トーンのように見えた。
トウのように戦闘を経験した人なら声が一般人とは違うはずであるという気がした。
開けた野外で ”進撃” ”突撃'”などを叫ばなければならないから シャウト唱法を使ったはずであると思った。
相手を圧して脅迫的に見えなければならないこのトーンが、 首陽大君と似ていることもできるが その中で最大限違うように見せようと努力した。
首陽大君は口ぶりをゆっくりしながらを強調したが、口ぶりだけではなく 身振りも気を使った。
トウは相手の言葉が落ちると 素早く行動に移す。 また正式軍人でもない人々を率いるので  そかなり 荒く行動した」と明らかにした。
特にイ・ジョンジェは体つきさえキャラクターに合わせる俳優なので、彼は 「戦乱時代にいくら戦闘経験が多いと言ってもトウにでこぼこ筋肉は似合わないと思った。
それで露出シーンを控えた。 個人的にかっこよく見えたかったら 水に入る前 腕を広げたのですが、カッコよさは はこの作品に似合わないと思い、 それでそのまま肉がちょっと付かないくらいにだけ管理した」と伝えた。
剣術と馬に乗ったり新しく練習した。
イ・ジョンジェは 「平地と山で馬に乗るのは違うから一月くらい練習した」と言いながら 「戦争で刀を持って チャンチャン音がするように争うのはありえないと思って実際 戦ってように見えるようにした。 私の意図であった。」
ともにした俳優の絶賛が絶えないほどに 「代立軍」に没入した。
キム・ムヨルは 「イ・ジョンジェの名演は作品に対する悩みとシナリオ研究から出た結果だったよ。 持っているのが多いにもかかわらず後輩たちより努力する」と話した。=

☆やっぱり 努力の人、何よりも 役に成りきる人、スゴイ役者さんです。
史劇の看板が板につきました。 個人的には あんまりなんですが



  1. ジョンジェにかんする事
ドキドキ 三人衆(笑) :: 2017/05/30(Tue)

201705300728779536_592ca187cb2a8.jpg

=俳優ヨ・ジングがイ・ジョンジェ、キム・ムヨルと一緒に撮った写真を公開した。
ヨジングは去る 29日自分のインスタグラムに 「代立軍」スターライブトーク!!!!  間もなく会います~~~~対立軍イ・ジョンジェ :キム・ムヨル :ヨ・ジング :わくわく 対話 という文とともに一枚の写真を載せた。
公開された写真は 黒色衣装で統一したイ・ジョンジェとキム・ムヨル、ヨ・ジングが親しくポーズを取っている姿が盛られている。
三人共 ハンサムな外見でファンの心を捕らえた。
「代立軍」は 31日封切り予定である。=

☆かなりお若い方に挿まれても やっぱり 誰もが ジョンジェssiに軍配挙げちゃうなぁ~
ジング君 マダマダ 20年早いよ~ですか
キム・ムヨルさん 妻帯者の強み(?)~~ジョンジェとは 違うタイプですが この方 ミュージカル俳優の強み(?)も有るのね
筋肉フェチには堪りませんなぁ~



  1. ジョンジェにかんする事
「男の香り」・・・・(笑) :: 2017/05/28(Sun)

20170527_1495883050_47591600_1.jpg

=俳優イ・ジョンジェが濃い雄の香りを醸し出した。
27日ハイカットスターインスタグラムに、 「三位一体完熟美・・・冷ややかさと温みなど対立された要素が共存する魅力いっぱいイ・ジョンジェのカバー映像を公開します」という文とともに映像画譜が載せられた。
載せられた映像の中イ・ジョンジェはストライプシャツとGジャンを着て同じ姿勢を取っている。 胸をはだけた彼はセクシーな男性美を表現した。=

☆深刻な顔で(愁いを帯びたとも言えます)韓国の未来を考えているのかな?
現実は 「お仕事」の事で 頭がイッパイね。
「代立軍」が公開目前、 次回作「南山」で ミンシクさんとの共演、アーティストカンパニー所属の超大物俳優人達と オーデション合格の新人たちの事、もう もう 夢一杯で 頭も心も パンパン・・・ 私生活は充実って事
普段 こんな顔 絶対してね~よ・・・と・・・・おつぎからすると sexyより 怖いです
”お願い 機嫌なおしてよ~ 私の何が イケないの?” 鉄板のネタでした



  1. ジョンジェにかんする事
マスコミ試写会のお洋服(笑) :: 2017/05/25(Thu)

6ee3a6c27d1ed21beb4ae190a76eddc450da3fb8.jpg  3c158735e5dde7110b488c83adefce1b9c1661a1.jpg  e3a660d9f2d3572c299d52a98013632763d0c3c4.jpg

=イ・ジョンジェ、 ヨ・ジング、 イソム、 ペ・スビンが  22日午後ソウル城東区 CGV往十里店で開かれた映画 「対立軍」(ゾングユンチォル監督) マスコミ試写会に参加してファイトを叫んでフォトタイムを持った。
「代立軍」は 来る 31日封切り=

☆5月31日 公開になるそうです。
ジョンジェが とても 厳しい撮影だった、今までで 一番 過酷だったと 申してます。
寒さとの 戦いだけではなく 集団(群像劇)の面でも 大変だったと思います。
エキストラを大量に従えての演技となると・・・そりゃぁ~ 大変だわ お疲れ様☆



  1. ジョンジェの映画
映画「南山」でジョンジェ×ミンシク bravo :: 2017/05/25(Thu)

2017052509061619456_1.jpg

=俳優チェ・ミンシクとイ・ジョンジェが 「新世界」 以後 「南山」でまた共演する。
25日映画界によればチェ・ミンシクは最近映画 「南山'」出演を決めて詳細事項を調律中だ。
「南山」は 1980年代国家安全企画部を背景にした諜報物。
イ・ジョンジェが製作に主演まで引き受けて注目されている企画である。
チェ・ミンシクは最近 「南山」演出をジョン・ジウ監督が引き受けたので 出演提案を受けたという 裏話である。
ジョン・ジウ監督はチェ・ミンシクと 1999年 「ハッピーエンド」でキャスティングした。
二人は 「南山」に意気投合した。
「南山」は企画段階からイ・ジョンジェが製作を任されるまで紆余曲折が多かった。
イ・ジョンジェが本格的に準備して、ジョン・ジウ監督に、チェ・ミンシクまで合流する事で軌道に乗るようになった。
チェ・ミンシクとイ・ジョンジェは 「新世界」で愛憎あふれる関係を演技して観客に深い印象を与えた。
二人がまたスクリーンで呼吸を合わせることだけでも話題を集める見込みである=

☆チェミンシクとジョンジェ・・・真逆の二人、その全ての落差に感動だ
ミンシク= ギトギト&ベタベタ 汚ない ぶよぶよ 傲慢 恐怖 悪魔
ジョンジェ=爽やか サラサラ 美しい sixパック 柔和 慈愛 天使
だけどだけど こんな印象を 一発で 裏切ってしまう 演技力・・・お二人とも 真の 怪優



  1. ジョンジェの映画
「代立軍」名場面をヨジングが告白\(◎o◎)/! :: 2017/05/25(Thu)

201705251418326710_1.jpg 20170524_1495621081_44917000_1.jpg

=「代立軍」主演のヨ・ジング・・・イ・ジョンジェの頬を 殴るシーン、心弱くて NG・・・・
ヨ・ジングがイ・ジョンジェの頬を殴る演技にとても緊張したと打ち明けた。
5月 24日放送された” KBS 2Radio 'パク・チュンフンのラジオスター”に 映画 「代立軍」の主役イ・ジョンジェ、ヨ・ジングが出演した。

イ・ジョンジェは 「代立軍の撮影が肉体的に一番大変であった。
歴代映画の中で一番大変であった、9月に撮影を始めて 1月に終り、寒さと闘わなければならなかった」と打ち明けた。
また 「ジングさんがあまりにも演技が上手なので、私が下手に見える時があった。 もっと頑張らなければならない時があって恨めしかった」ふざけた言い方を落とした。
ヨ・ジングはこの言葉をきいて 「ありがとうございます」と言って 身の置き所がなく困っていた。
ヨ・ジングは劇中イ・ジョンジェの頬を殴るシーンを 「前日から緊張して撮影に入った。
先輩を実際に殴楼とすると 心が弱くなって NGを出した」と言った。
イ・ジョンジェは 「楽に殴って!」と言ったら・・・本当に・・・「やった!」と付け加えて しゃぁしゃぁと笑った。

☆ジョンジェらしい 対談でした。
人を笑わせるのが大好きで、そのくせ 自分が 一番 笑ってしまうのが ジョンジェなのよね
ジング君をからかって 可愛くて仕方が無いのかな、ジョンジェと共演出来た事は ジング君にとって宝になるな。
ジョンジェssiのようにレッテルを貼られない 俳優は少ないと思う、時代劇 スパイ 警察 ヤクザ メロ 何でもできる、これに関しては ウソンちゃんを超えていると思う。 スゴイ 役者になちゃった




  1. ジョンジェの映画
アーティストカンパニーとチョン・ウソンを語る♡ :: 2017/05/25(Thu)

201705231127271910_1.jpg

=イ・ジョンジェがアーティストカンパニーとチョン・ウソンを向けた愛情を誇示した。
俳優イ・ジョンジェは 5月23日午前ソウル鍾路区三清洞の一カフェで進行されたニュース円とのインタビューでアーティストカンパニーとチョン・ウソンに対して言及した。
イ・ジョンジェは親友チョン・ウソンとともに 去年芸能企画社アーティストカンパニーを設立、話題になった。
現在アーティストカンパニーにはイ・ジョンジェチョン・ウソンを含めてハジョンウ、コアラ、ペソンウ、ナムジヒョン、イジアetc.多数の俳優が属している。

イ・ジョンジェはアーティストカンパニーに対して 「スゴっく 楽しい」とくちを切った。
イ・ジョンジェは 「楽しい面では 会社が大きくなったよりも 所属俳優が会社にたびたび来る。
新人俳優から女優もたびたび来る。 私はかって 所属していた会社に 特別な事がなければ行かなかった。
たぶん所属した会社には俳優が来て休んで話すことができる場所が用意されていなかったし 無いだろう。
当社は俳優が来てソファー、テーブルで楽にシナリオも見られるし楽に会議することができる。 こんな場所が 3個くらいある。
それで 何人かの俳優がいらっしゃっても重ならないように別々に会議することができるようになる」と伝えた。
イ・ジョンジェは 「そうして とても感謝したのが 先輩が オーディションで受かった後輩が、直接部屋で練習して居る時、その部屋に入って一緒に台詞も合わせてくれる。
そして とても控え目にコメントもしてくれる。 このような事に 感謝する」と胸がいっぱいなった事を話した。

またイ・ジョンジェは最近話題になったアーティストカンパニー 1周年画譜に対して 「1周年記念に何をするかとても悩んだ。
短編映画を撮ろうかと思ったが 事が大きくなるようで、それで 事を最大にしない限度内でと言う事で 画譜集なった。
その画譜集をするようになったことに対する最大の目的の一つは、新人俳優を既存俳優とよく組み合わせることであった」と説明した。
終りにイ・ジョンジェは人生のパートナーと同時に事業パートナーチョン・ウソンを向けた厚い信頼感を現わした。
「私たちは基本的にチーム・プレーが身に滲んでいる人々である。
二番目では私たちがまだお互いを慈しんでくれて惜しんでくれて尊重する心を持っているから、実はお互いに時折 名残惜しい事も有ったかもしれないが、大きく 惜しかった時があまりなかった、仮に そうだとしてそれについて 改めて話した事はなかった。
どのような場合でもその状況を理解しようと思った。」
引き続きイ・ジョンジェは 「その状況を理解しようとすれば時間が必要である。
時間が経てばその理解が得られる。 事業をしながらも事業をしているのか?同僚俳優同士集まりを作るのか?判断がつかないほどだ。 社内雰囲気が仕事をするような雰囲気は実はない」と付け加えた。=

☆アーティストカンパニー 設立 1周年になるんですネ、ジョンジェssiは 事業と言うより 俳優同志の拠り所カンパニーと語っています。 
スゴク 性格の良い人達の集団で、勿論 切磋琢磨をする場所でもあるんでしょうが、先輩が後輩を育てる場所でもあり、夢を語り 悩みを告ったり・・・・好いなぁ~ 好いなぁ~ 家族が出来たんだおめでとう☆

..

  1. ジョンジェにかんする事
「代立軍」 11日ネイバームービートークライブ開催\(~o~)/ :: 2017/05/08(Mon)

2017050212480059816_1.jpg   無題

=「代立軍」 イ・ジョンジェ-ヨ・ジング-キム・ムヨル、11日ネイバームービートークライブ開催

5月大韓民国を熱くする胸手ごわい映画 ‘代立軍’の主演俳優イ・ジョンジェ、ヨ・ジング、キム・ムヨルとゾングユンチォル監督がネイバームービートークを通じて予備観客と特別な出会いを持つ予定である。
三俳優のフィルモグラフィーをよく見られる変身キーワードトークから全国オールロケに進行された現場のスチール、各キャラクターのスチールが公開されて多様なエピソードを直接聞いて見られる。
そして 対立トークが進行される予定で、20世紀フォックスコリア公式フェイスブック(https://www.facebook.com/FoxMovies.KR)を通じて観客の意見を集めるイベントも進行される。
三人の俳優は劇中お互いに対立(代立)しながらも、人を対立(代立)する似ている状況の中で特別な呼吸を誇って映画の完成度を高めただけ、驚くべきなケミストリーを全世界生中継を通じて感じることができるように見える。
映画 「代立軍」は捨てられた国を守らなければならない王 「光海」  そして名前のない英雄 「代立軍」の熱い運命をともにしたこの映画は 31日公開される。=

☆いよいよ 公開に向けて 番宣が始まりました。
1000万集客を目指して 頑張ってください!
韓国、北朝鮮が これほどの 量で メディアで取り上げられるのも 「冬ソナ」以来じゃないかしら?
明日は 大統領選挙です、北朝鮮は水面下でアメリカと対話路線を模索、日本は憲法改正に向けて舵が切られた!
平和であることが 旅行したり 観賞したりには 必要不可欠です、仲良くしよう



>>続きを読む

  1. ジョンジェの映画