FC2ブログ

☆イ・ジョンジェを捜して☆

韓国映画『情事』を見て 鍛えられた細身の肉体の美しさと 何より その指の美しさに魅せられて 私なりの イ・ジョンジェをスクリーンやテレビドラマの中に捜していきたい。



映画「娑婆下」製作報告会❣️ :: 2019/01/26(Sat)

201901261752418d1.jpg 20190126175244cce.jpg

20190126175245604.jpg 201901261752421a0.jpg

= 率直に シナリオを読んで 初めは 全く理解できませんでした。 それで やはり 監督に会って 決めなければならないという気がしましたよ。
俳優イ・ジョンジェが25日午前11時ソウル江南区 新寺洞 CGV狎鴎亭で開かれた映画「娑婆下」監督チャン・ジェヒョン 製作報告会で 「娑婆下」の魅力に対してこのように話した。

また、演技にに対しては 『やはり頼れるのはチャン・ジェヒョン監督しかなかった』として 『分からない時は 監督に携帯電話を押しながら演技した』と明らかにした。=

☆信じられないネェ 謙虚の塊のようなジョンジェssiです。
時代劇でなく、戦争物でなく、現代物で ミステリーと来たら ……余りに 久方振りで 監督にお尋ねしても アリですね。
ここ数年の作品は荒唐無稽だったり、ブラック世界では 演技もオーバー気味なのばかりで リアリズムな演技なんて 見たことないかも。
大声張り上げない演技を観たいです。
しかし この日のファッションも 凄いですねぇ! 茶に挿しはグリーン 他の人が 普通なので 其処まで やるかぁでした。☆




  1. ジョンジェの映画
ジョンジェ 「トリプル」以来になるか? :: 2019/01/23(Wed)


=イ・ジョンジェ 「補佐官」出演検討中
俳優イ・ジョンジェが10年ぶりに お茶の間復帰を検討中だ。

23日イ・ジョンジェがクァク・ジョンファン監督の新作「補佐官」を通じてブラウン管にカムバックするという便りが報道され、すぐに所属会社アーティストカンパニー関係者は ハンギョンドットコムに 『出演提案を受けたことは事実だが、何も確定していない』として 『検討中だ』と言葉を慎んだ。=


☆「トリプル」から 10年が過ぎたなんて……信じられない………ジョンジェファンの方も皆んな若くて、トリプルに出てきた カフェ巡りをしたり 其れなりに楽しかった。
ドラマ自体 好みでなかったし キャストも好みでなく、ジョンジェのキャラも ……でした。
年齢的に見て ドラマを牽引する役ではなく、俯瞰視点で束ねる役どころしかないのでは?と 考えると、美味しいとは思えないので……
誰かさんの夫だったり、誰かさんの 父親だったり、誰かさんの 上司だったりの役は 興味無いです。
役柄でなく 脚本で選んでくれることを願います。☆



  1. ジョンジェにかんする事
新たなる キャラクターの誕生❣️ :: 2019/01/21(Mon)

20190121170858bfd.jpg

=イ・ジョンジェはその間映画「泥棒たち」「暗殺者」「神と共に」等でジャンルとキャラクターを問わず多様な作品を通じて絶えず挑戦をしてきた。
彼は今回の「娑婆下」を通じてもう一度新しいキャラクター変身を予告している。

劇中イ・ジョンジェが引き受けたパク牧師は時間が経つほど次第に多くなる疑問の人物らと相次ぐ事件の中で真実を正すために孤軍奮闘する人物だ。 イ・ジョンジェは‘パク牧師’役を特有のカリスマと繊細な感情演技で完成したし、これによってみなぎる緊張感と共に劇の没入感を高める。

イ・ジョンジェは『これまでしてみなかった演技がよいだろうと思った。 どれが真実かわからない状況にぶつかった時 揺れて苦悩する姿が 正に私たちの姿ではないか』と パク牧師 キャラクターに対して語った。
「娑婆下」は 来る2月20日封切りする。 =

☆連日 公開に先駆け 宣伝露出が増えて 嬉しい限りです。
挑戦も 守りも 必要な 年齢なのですね。
思い通りにいかないのが 人生だとしても、常に 心の琴線に響く物を 捜して 歩いて行きたいです。
「娑婆下」 ビンビン 響いてまスゥ☆



  1. ジョンジェの映画
新オカルト映画? :: 2019/01/19(Sat)

201901191920181db.jpg

=キム・ユンソクとカン・ドンウォンが始めた超自然的な世界の話をイ・ジョンジェとパク・ジョンミンが受け継ぐ。
オカルト ジャンル韓国映画の初めての成功事例に選ばれる「黒い司祭」の監督が新しい俳優と組んだ

イ・ジョンジェとパク・ジョンミンが主演した映画「娑婆下」が2月20日封切りする。
2015年540万観客動員に成功した「黒い司祭」のチャン・ジェヒョン監督が4年ぶりに出した新作だ。

チャン・ジェヒョン監督は長編デビュー作である‘黒い司祭’で注目された。
韓国映画になかった新鮮なジャンルと素材、果敢なスタイルで興行を導いた監督は今回も自身のスタイルを維持する。
これを基により一層かたく確かめた世界を観客の前に出して科学的には説明することはできない超現象と超自然的なミステリーを解きほぐす。

イ・ジョンジェとパク・ジョンミンは今回の映画で初めて会って呼吸を合わせた。 各自スクリーンで旺盛な活動を継続する2人の俳優が会ってどのような話を解きほぐすのかを置いても視線が傾く。

「黒い司祭」はキム・ユンソクとカン・ドンウォンの絶妙の呼吸が映画を興行に導いた一つの原動力と評価されただけ今回パートナーで初めて会ったイ・ジョンジェとパク・ジョンミンが見せる姿やはり好奇心を刺激する。=

☆パク.ジョンミンって 悪役が似合う俳優ですが、声 声が スゴく セクシーなんですよ〜〜もう 画面見ないで 聴き惚れたいです。
ジョンジェとは 真逆かなぁ 熱い演技派ですねー
お互いが 被らない処が 良いかも、益々 期待ですわー☆


  1. ジョンジェの映画
「娑婆下」スチール写真公開! :: 2019/01/18(Fri)

2019011819064286c.jpg 2019011819063994c.jpg 201901181906419f1.jpg

=映画「娑婆下」 事件に向き合った人々の姿を現わしたスチール カットを公開した。

配給会社CJエンターテインメントは18日イ・ジョンジェとパク・ジョンミン、 俳優の姿が入れられた写真を公開した。

新興宗教集団を追って 事件に向き合うパク牧師役の イ・ジョンジェはスチールの中で疑問の空間に繰り広げられた巨大な幀画に驚きを隠すことができない姿を見せている。=


☆ジョンジェが カッコ良いです。
私が 望むスタイルです。 ジョンジェと言うと 役を選ばないのかな? イイエ どんな役も OKの自負?と 常々 感じてるんですが…………コノ スチール写真 どうよ‼️ コレよ、この美しさ‼️
本当に 久々の 期待する作品です。ジョンジェ出演の興行成績1000万人超えが 数本有りますが 好きな作品では無いです。
何度も 何度も 繰り返して見たくなる作品が 私にとって 好きな作品の基準です。
期待してます☆



  1. ジョンジェの映画
映画「娑婆下」2月20日 公開! :: 2019/01/17(Thu)

20190117154854299.jpg

=俳優イ・ジョンジェが映画「娑婆下」に対する大きい期待感を現わした。

「黒い司祭」はチャン・ジェヒョン監督の初めての長編デビュー作で 544万観客を動員した映画だ。
チャン・ジェヒョン監督が来る2月20日、「娑婆下」をリリースする予定だ。

映画は 新興宗教集団を追ったパク牧師(イ・ジョンジェ)が疑問の人物と事件に向き合うことになって始まるミステリースリラーだ。新興宗教という斬新な素材とこれに対し関連した事件と秘密を訪ねて行く興味深いストーリーで製作段階から熱い関心を集めた。

イ・ジョンジェとパク・ジョンミンをはじめ、チョン・ジニョン、チン・ソンギュ、イ・タウィッの新鮮なキャスティング組合せと風変わりな演技、変身で期待を高めている。
にせ物を追う牧師から 下は整備工、トンネル殺人事件を追う刑事、そして16年前生まれた双子姉妹までこまかく連結されたキャラクターらとミステリーある事件で独創的な面白みをプレゼントする予定だ
映画が終る時まで緊張感を引っ張り、こまかく編集されたミステリーがどのように解けるのかを誘発する。

パク牧師役のイ・ジョンジェは“ミステリースリラージャンルにおいては他の追従を許さない監督だと考える”としてチャン・ジェヒョン監督に対する深い信頼感を表わした。=

☆ジョンジェssi が 監督を絶賛です…………他の追随を許さないと。
ラストまで ハラハラドキドキさせてくれそう。
最近の ジョンジェの映画は 好みの分野じゃ無かったから 超 期待できそうです。
私の バカな望みは ジョンジェssiが 韓国の ジェレミー・アイアンズに 成ってくれること。
老いても 恋愛映画の主演を張って 、その上 その美しさに 今も 圧倒されます。
彼は アイルランドのお城を買って、15年かけて リノベーションして 好きなものに囲まれて 暮らしています。
嗚呼嗚呼~~~~☆
20190117155958079.jpg





  1. ジョンジェの映画
映画「娑婆下」2月公開なるか :: 2019/01/11(Fri)

20190111202042f07.jpg

=イ・ジョンジェ、パク・ジョンミン主演の映画「娑婆下」が来る2月封切りを確定した。

チャン・ジェヒョン監督の制作で、映画は宗教問題を調査したパク牧師が新興宗教を 捜査しているうちに、超現実的な事件にまきこまれることになる話を描く。
昨年4月クランクアップ後後半作業に多くの時間を注いだだけ映画の完成度に視線が集中する。

主人公パク牧師役はイ・ジョンジェが担った。
彼は「対立軍」(2017)以後2年ぶりに主演映画をリリースする。
同事務所代表でも有り、最も親しい仲で知られた チョン・ウソンの映画「証人」と2月興行対決を広げる予定だ。
忠武路の演技派俳優パク・ジョンミンがイ・ジョンジェと呼吸を合わせる。=

☆公開決定 おめでとうございます。
この 映画は もう だいぶ前に クランクアップしていて 、だいぶ 温められていたようです。

今 ヒットしている 映画のシーンは「ボヘミアン・ラプソディ」「アリースター誕生」「エリッククランプトン12小節の人生」「私はマリア・カラス」にみるように、ミュージカルじゃなくて 音楽映画なんですねー
もう スクリーンを見ながら 自分が 成り切りで 歌い上げちゃうみたいな、一体感 映画っていうのかなぁ〜
高揚感いっぱい、達成感イッパイ、満足感 満腹感 が ある映画が ヒットしてる様です。
世の中 閉塞的な 監視システムだの 格差社会だの、日韓対立構造だの、楽しい話題が少ないから せめて 架空の世界では 大声あげて 歌ってみても (╹◡╹)

ジョンジェ主演映画 地味ですが、私的には 興味あるテーマです。
不景気だったり、年を取ったり、病気になったり 悪い事が自分自身に降りかかったりすると 宗教に走りたくなる気持 わかる様な気がします。
藁をも掴むですねーそれが 新興宗教とか?
神父のジョンジェは 似合うと思うよ、品があって 笑顔がやけに冷たかったりして……………期待してます☆




  1. ジョンジェの映画
明けましておめでとう ٩(^‿^)۶ :: 2019/01/01(Tue)

20181226105534f93.jpg


☆ジョンジェssi ネタも 捜せず、 韓国旅行もせず、 最近は新大久保さえ 足が遠のいています。
フェイドアウトも視野に入れてますが・・・・もう少し 続けたいので 2019年度 どうぞ よろしくお願いします。

ムーミンハウス建築中です、竣工は7月予定です。現在70号で100号で完成です。☆

PS
1月14日 成人の日 朝から天気が良くて、暖かいので チョコっと出たついでに 新大久保 とんちゃんでご飯しました。
大久保駅から新大久保に向かったのですが、初詣で?と 思うような 出口です! 入口です! の看板持った職員が改札口にいたのに 先ず ビックリ‼️
いくら 祭日とは言え こんな混雑初めてでした。
通りの両側 歩道は 女子中高生の行列で身動き取れません。
皆さん 伸びる チーズの ホトドックが 目的なんですね、昨年辺りから 爆発的に売れてると TVが申してましたが、
未だ ブームは去ってないようです。
この間まで アジアンダイニングだったのが、今は チーズタッカルビを看板にした店が目白押し、本家 春川を 凌いで 此処は韓国か? でした。
Kpop BTSのグッズの店と、韓国化粧品の店も明洞?みたいです^^;
元気過ぎる 新大久保に オバちゃんは 一握り、韓国メイクのアガシが韓国愛を 実現してました。羨ましいぃ~~~


20190118115508522.jpg




  1. その他