FC2ブログ

☆イ・ジョンジェを捜して☆

韓国映画『情事』を見て 鍛えられた細身の肉体の美しさと 何より その指の美しさに魅せられて 私なりの イ・ジョンジェをスクリーンやテレビドラマの中に捜していきたい。



『一卵性双生児』ですゥ (; ̄O ̄) :: 2019/07/28(Sun)

20190728104913e0f.jpg

=写真作家 オジョンソク氏は 俳優 イジョンジェの 近況写真を公開して 世間の注目を 集めた。
去る 24日 オジョンソク氏は 自身のインスタグラムを通じて 『一卵性双生児』と言う 文と共に イジョンジェと 撮った 写真を公開した。
写真の中の イジョンジェとオジョンソクの情の深い姿が盛られた。=

☆冗談なのかな⁉️。
吉本興業の 社長が 恫喝でなくて 冗談で言ったが、全然 受けなかったと申してましたが、
冗談を言われた相手は セクハラだと 抗議。

まぁ 笑いを取ろうとして 自身は 全身露出してないから 吉本の岡本社長よりはマシかもね。
写真は ステキ、写真家の自撮りは 要らないなぁ〜〜☆



  1. ジョンジェにかんする事
ドラマ『補佐官』10話 最終回を迎え 所感‼️ :: 2019/07/14(Sun)

201907141118068d3.jpg

=俳優イ・ジョンジェのJTBC金土ドラマ'補佐官'最後の撮影現場が公開された。

イ・ジョンジェ所属会社アーティストカンパニー公式インスタグラムには7月14日"ドラマ'補佐官'最後の撮影現場+イ・ジョンジェ俳優のシーズン1放映終了所感"という文と共に映像が掲載された。

映像の中には"補佐官様がんばってください"というスタッフの話に"ありがとう"と答えるイ・ジョンジェの姿が入れられた。 イ・ジョンジェはカメラに向かって手を振っている。 イ・ジョンジェの自己発光ビジュアルが視線をひきつける。

映像に接したファンたちは"シーズン2度期待します","ずっと見たいが","いつ見ても素晴らしくて"等反応を見せた。=

☆シーズン1 成功裡に終了した事と、次回に繋がる 結果を出した事を 遠い所から 祝福してます。
過程より 結果が全ての世相ですが、其ればかりを 求めていないのが 人間で、人の心って 不思議です。
どんだけ 生きても わかんない、ジョンジェssiを 今でも 捜してる (夢で 逢えたら……ですがぁ)のですが、記憶力の低下で、見た夢を 憶えてられないらしく……残念な 最近のおつぎでした☆



  1. ジョンジェにかんする事
お茶目なポーズで シーズン2を紹介❣️ :: 2019/07/13(Sat)

2019071320105563c.jpg

=俳優イ・ジョンジェが愛嬌いっぱいで 『補佐官』本放送死守認証ショットを公開した。
公開された認証ショットでイ・ジョンジェは劇中キャラクターであるチャン・テジュンのSNSを連想させるパネルを持ってカメラを見つめている。 特に、劇中カリスマあふれる補佐官の姿と全く違ったいたずらっ子容貌で、反転魅力をリリースしている。

写真の中パネルを通じて《ドラマ‘補佐官’を視聴してくださってありがとうございます。 シーズン2に戻るチャン・テジュンの姿もたくさん期待してください》とメッセージを伝えて ‘補佐官’シーズン2 に対する視聴者たちの期待感をも高めている。

写真を見たインターネットユーザーは
“補佐官シーズン2を待っています”、
“チャン・テジュン キャラクターとはまた他のイ・ジョンジェ俳優だけの可愛い魅力がとても良い”、
“イ・ジョンジェ俳優人生キャラクターもう一つ追加です”、
“金、土ドラマでイ・ジョンジェ俳優を見られないとは悲しい” 等の熱い反応を見せている。
JTBC金土ドラマ ‘補佐官’シーズン1 は来る13日放映終了する。 ‘補佐官’シーズン2 は11月中放映予定だ。=

☆ヤッパ 、ジョンジェって どっか おちゃらけして仕舞う性分は 個性なのでしょう(笑)
多分に 後天的に獲得した風に思えるんですが、今となっては 第2の天性で このキャラで 押した方が イイのかな。
ネットユーザーも 大満足のようです、いよいよ 今夜が最終回ですが、シーズン2 が 有るので ラストは モヤモヤしちゃうかな………お疲れさまでした☆



  1. ジョンジェにかんする事
『補佐官』シーズン2に向けて…更に 強力➕熾烈 に なります❣️ :: 2019/07/12(Fri)

20190712192224996.jpg

=JTBC金土ドラマ『補佐官-世の中を動かす人々』jリアリティーを生かして好評を導いたイ・ジョンジェ、シン・ミナ、イエリヤ、キム・ドンジュン、キム・ガプス、チョン・ウンイン、イム・ウォニ. 成功的な変身で人生キャラクターを再び使った7人の俳優がシーズン放映終了を一日控えて視聴者たちにメッセージを送ってきた。
シーズン1の結末に対する気がかりなことが増幅されているなかで、より一層興味深い展開が繰り広げられるシーズン2に対する期待を促した。

●イ・ジョンジェ “シーズン1よりさらに濃くて、強力で、激しい”

野望に向かって疾走する補佐官チャン・テジュンで役を担って名不虚伝の演技を見せたイ・ジョンジェ. 先に“シーズン1のすべての場面が一つ一つ記憶に残って、どちらか一つの場面を挙げることができないほど”と去る過程を追憶した。
引き続き“シーズン1はすべての俳優方々と軽く呼吸を合わせてみたようだ。 シーズン2ではさらに濃くて、さらに強力で、さらに激しいストーリーが繰り広げられるようだ。 残った9,10回放送と一緒にシーズン2度期待してほしい”と頼んだ。


●シン・ミナ “シーズン1のエンディングが最も記憶に残って”

堂々とした比例代表初当選議員カン・ソニョン役を担って成功的な演技変身を見せたシン・ミナ. “本当に多くのシーンが記憶に残るが、どうしても最終回エンディングが最も衝撃的であったし記憶に残る”と前年12日本放送に対する気がかりなことを引き上げた。 また、“シーズン2でもとても興味深くておもしろいお話がたくさん繰り広げられるようだ。 シーズン2まで多くの愛と期待お願いする”という要請も忘れなかった。(他の共演者は 略)

『補佐官』第9回は12日金曜日夜11時放送される。
『補佐官 シーズン2』は11月中放映 =

☆色々 有りながらも シーズン2放送開始が 決定し おめでとう㊗️
もっと 強くに 期待します。共演者達が 主役級だったので、チョット 手加減❓様子見❓
シーズン2では ガップリ胸を貸し❓ 借り❓ 演技ってるから 大丈夫だそうです。
ガツンと 言ってやってよ☆




  1. ジョンジェにかんする事
ドラマ『補佐官』苦戦のようですf^_^; :: 2019/07/08(Mon)

20190708161128bb5.jpg

=俳優イ・ジョンジェのチケットパワーは終わってしまったのか。

明確に期待以下の成績を出している。 JTBC金土ドラマ『補佐官』はイ・ジョンジェが10年ぶりに選択した作品で広報したし、イ・ジョンジェのための、イ・ジョンジェによるドラマのように広報された。
だが、力不足だったのか 結局4%台視聴率を転々として残念な下落傾向を繰り返した。

6日放送分で奇跡的な視聴率反騰がなされることはしたが、これをイ・ジョンジェの効果だと見るには無理がある。
この日放送ではドラマの最高反転といえる チョン・ジニョン の墜落死が描かれた。
衝撃的な反転はいつも視聴率反騰に影響を与えるはずだ。 この日視聴率は4.97%であった

イ・ジョンジェは明らかに感情的な演技が上手な俳優だ。
'補佐官' でもそのような姿を遺憾なく見せている。 冷徹な姿と集中力を同時に持っているソン・ヒソプ議員室の首席補佐官チャン・テジュンは多分イ・ジョンジェを見て描いた配役である。
あらゆる 'すばらしい' を入れたチャン・テジュンを表現するイ・ジョンジェは演技力で ドラマをぎゅっと掴むところだ。
適切なロマンスと適切な頭脳の戦い、イ・ジョンジェを引き立って見えるようにさせる素材は無尽蔵に残している。
数多くの議員らと補佐官、人物が登場するが, このドラマが 'イ・ジョンジェ ドラマ' という証拠だ。

ただし多数のインタビューを通じて《自己複製演技 は辞める》としたイ・ジョンジェの所信とは反対にチャン・テジュンの中でふと《私が王になる相なのか》が聞こえるのは一番目の物足りなさだ。
また、いつも指摘受ける発音は 二番目に惜しい。
一部視聴者たちは《多重放送で字幕をつけて見よ》の代案まで出している。
ドラマを字幕までつけて見る努力を傾けてこそはじめて理解されて可能なイ・ジョンジェ チケット演技力だ。

イ・ジョンジェは大韓民国で知られたトップスターだ。
名前だけ言えば分かる 映画にも多数出演して、千万俳優のタイトルを握った。
彼に首陽大君(スヤンテグン)という人生キャラクターを抱かせた映画「観相」2013は映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワーク集計基準913万4,586人の観客を動員したし、「暗殺」2015,チェ・ドンフン監督で1270万6,819人の観客を集めた。 えん魔大王役で濃厚な印象を残し「神と共に-罪と罰」2017,キム・ヨンファ監督と、「神と共に-因縁 2018,キム・ヨンファ監督は、それぞれ1441万1,675人と 1227万6,115人を集めて興行の記録を使った。

これ位になれば 大韓民国で一番上手い俳優の記録だが、蓋を開けてみれば弱点が存在した。
「観相」はソン・ガンホの映画であり「暗殺」はチョン・ジヒョンの映画であり、さらに「神と共に」は 特別出演作品だった。
マルチ・キャスティングの作品では力を発揮するイ・ジョンジェだが、自身の作品を引っ張っていく立場ならば話が変わる。
観相 に続き 主演作「ビックマッチ」2014,チェ・ホ監督 117万7,438人が惨敗であり、大作映画「対立軍」(2017,チョン・ユンチョル監督)は83万7,500人で凄惨な結果を産んだ。
今年封切りした「娑婆下」はそれなりに事情が少しより良かった。 239万8,519人の観客を動員したこと。

「補佐官」はイ・ジョンジェのパワーに寄り添った作品だ。 それこそイ・ジョンジェを 全面的に信じたので 誕生した作品という意だ。
しかし作品の話題性と視聴率に向かった展望は明るくない。 すでに4%台で固まってしまった視聴率は劇的反転で一度走っただけで、彼の演技力はいつも似た水準を維持している。 果たしてイ・ジョンジェの'チケットパワー'が視聴者たちを縛る魅力的なカードになることができようか。=

☆色々 厳しい 現状のようです。
ワンパターンの演技、通らない声色が指摘されてます。 それが 売りなんだよと 見得を切るには 大人になり過ぎてしまいました。
40代は 勝負どころだもの 皆さん 凌ぎを削って 形振り構わず、しがみついて演技していて、ウソンさんも 美形じゃ無い 凄味で、ソルギョングなんか もう 鬼気迫る演技、皆さん 過去の栄光は 取っ払ってるよ……でも このまま ずっと このスタイルで行くのも 有りなのね〜 あの人が 行くからってのも どうかなぁ〜元々の 素質が ビジュアルならば 其れが 最大の個性と胸を張られたら イイですね☆



  1. ジョンジェにかんする事
オフィスルックの定石を発信‼️ :: 2019/07/05(Fri)

20190705171024039.jpg

=俳優イ・ジョンジェの『補佐官』を見るもう一つの面白味。
イ・ジョンジェはJTB金・土ドラマラマ‘補佐官’で4選議員の首席補佐官であり深い野望を隠しているチャン・テジュンで熱演中だ。
イ・ジョンジェは劇中補佐官という職業に合うように活動性を備えたクラシックなシャツにコンビ シュートをマッチ、カジュアルながらも格式を備えたスタイリングをリリースしている。
ここにネクタイとベルトをセンスあるようにマッチして安らかさとスタイリッシュさを全部捉えた、会社員のワナビーファッションに選ばれている。
イ・ジョンジェの優れたフィジカルがより増して完ぺきなファッションが完成された。
実際にイ・ジョンジェの チャンテジュ ルックはポータルサイトで 真似したい オフィスルックの定石になった。=

☆喜ぶべき事なんだけど、何故か ファッションとか 年の割には 若いとかに 話がすり替わって仕舞うのが、何時も 残念。
『補佐官』には ルックスはイマイチながら 演技力で 主役を喰って来た 俳優が 何人も絡んで、凄く芝居が上手い役者達の話で 盛り上がって欲しいけど、ファッショニスタとか ファッションリーダー等は 誉めていても 誉め殺しにしか思えない(笑)☆



  1. ジョンジェにかんする事
チョン・ミソンさんを悼む …………… :: 2019/07/01(Mon)

バンジージャンプする ⬅️クリック

20190701183047a9c.jpg

☆チョン・ミソンさんが 亡くなった。
何故か 儚げな 印象が どの作品にも 漂っていた。
2001年 製作の 『バンジージャンプする』を 見た 衝撃は 凄かった。
インウ(イ・ビョンホン)の恋人役 イウンジュさん、そして 奥さん役のミソンさんも 自死。
イ・ウンジュさん 2005年 25歳の若い 痛ましい死を どんなにか 嘆いたことか……
あれから ……ミソンさんも ビョンホンさんも 実り多き40代後半を迎えて………

ミソンさんの 映画『恋愛』が 秀逸でした。(2005年 チャン・ヒョンソン共演)
彼女の抱える 心の闇が、病みが 透けてました。空虚とは 孤独とは ……

7月2日から BS11で 『偉大な誘惑者』が放送開始(韓国では2018・3月放送開始)、ミソンさん
懐かしい シン・ソンウさん(12月の熱帯夜で 医者の役)と ワケあり オンマの役を 演じるようです。
そして
何より 忘れられないのは『8月のクリスマス』 ハン・ソッキュの初恋の女性役。
時は過ぎ行く、何気ない日常も 生きていればこそ、だけど みんな いつかは いくんだね…合掌☆





  1. 韓国 ウワサ話