FC2ブログ

☆イ・ジョンジェを捜して☆

韓国映画『情事』を見て 鍛えられた細身の肉体の美しさと 何より その指の美しさに魅せられて 私なりの イ・ジョンジェをスクリーンやテレビドラマの中に捜していきたい。



アーティストカンパニーとチョン・ウソンを語る♡ :: 2017/05/25(Thu)

201705231127271910_1.jpg

=イ・ジョンジェがアーティストカンパニーとチョン・ウソンを向けた愛情を誇示した。
俳優イ・ジョンジェは 5月23日午前ソウル鍾路区三清洞の一カフェで進行されたニュース円とのインタビューでアーティストカンパニーとチョン・ウソンに対して言及した。
イ・ジョンジェは親友チョン・ウソンとともに 去年芸能企画社アーティストカンパニーを設立、話題になった。
現在アーティストカンパニーにはイ・ジョンジェチョン・ウソンを含めてハジョンウ、コアラ、ペソンウ、ナムジヒョン、イジアetc.多数の俳優が属している。

イ・ジョンジェはアーティストカンパニーに対して 「スゴっく 楽しい」とくちを切った。
イ・ジョンジェは 「楽しい面では 会社が大きくなったよりも 所属俳優が会社にたびたび来る。
新人俳優から女優もたびたび来る。 私はかって 所属していた会社に 特別な事がなければ行かなかった。
たぶん所属した会社には俳優が来て休んで話すことができる場所が用意されていなかったし 無いだろう。
当社は俳優が来てソファー、テーブルで楽にシナリオも見られるし楽に会議することができる。 こんな場所が 3個くらいある。
それで 何人かの俳優がいらっしゃっても重ならないように別々に会議することができるようになる」と伝えた。
イ・ジョンジェは 「そうして とても感謝したのが 先輩が オーディションで受かった後輩が、直接部屋で練習して居る時、その部屋に入って一緒に台詞も合わせてくれる。
そして とても控え目にコメントもしてくれる。 このような事に 感謝する」と胸がいっぱいなった事を話した。

またイ・ジョンジェは最近話題になったアーティストカンパニー 1周年画譜に対して 「1周年記念に何をするかとても悩んだ。
短編映画を撮ろうかと思ったが 事が大きくなるようで、それで 事を最大にしない限度内でと言う事で 画譜集なった。
その画譜集をするようになったことに対する最大の目的の一つは、新人俳優を既存俳優とよく組み合わせることであった」と説明した。
終りにイ・ジョンジェは人生のパートナーと同時に事業パートナーチョン・ウソンを向けた厚い信頼感を現わした。
「私たちは基本的にチーム・プレーが身に滲んでいる人々である。
二番目では私たちがまだお互いを慈しんでくれて惜しんでくれて尊重する心を持っているから、実はお互いに時折 名残惜しい事も有ったかもしれないが、大きく 惜しかった時があまりなかった、仮に そうだとしてそれについて 改めて話した事はなかった。
どのような場合でもその状況を理解しようと思った。」
引き続きイ・ジョンジェは 「その状況を理解しようとすれば時間が必要である。
時間が経てばその理解が得られる。 事業をしながらも事業をしているのか?同僚俳優同士集まりを作るのか?判断がつかないほどだ。 社内雰囲気が仕事をするような雰囲気は実はない」と付け加えた。=

☆アーティストカンパニー 設立 1周年になるんですネ、ジョンジェssiは 事業と言うより 俳優同志の拠り所カンパニーと語っています。 
スゴク 性格の良い人達の集団で、勿論 切磋琢磨をする場所でもあるんでしょうが、先輩が後輩を育てる場所でもあり、夢を語り 悩みを告ったり・・・・好いなぁ~ 好いなぁ~ 家族が出来たんだおめでとう☆

..

  1. ジョンジェにかんする事