☆イ・ジョンジェを捜して☆

韓国映画『情事』を見て 鍛えられた細身の肉体の美しさと 何より その指の美しさに魅せられて 私なりの イ・ジョンジェをスクリーンやテレビドラマの中に捜していきたい。



映画「南山」制作延期か? :: 2017/09/07(Thu)

2017090509102901966_1.jpg

=映画「南山(ナムサン)」の主演俳優であり製作を引き受けたイ・ジョンジェ側が、チョン・ジウ監督とチェ・ミンシクが 下りた事実を知らせた。
イ・ジョンジェの所属会社アーティスト カンパニー関係者は5日ニュース1に≪チョン・ジウ監督様と チェ・ミンシクさんの降板は事実 だが、南山(ナムサン)の製作が無期限延期になるということは事実でない。 製作はそのままずっと進行中だ≫と明らかにした。

先立ってチェ・ミンシクの所属会社シジェスエンターティメント関係者はチェ・ミンシクが'南山(ナムサン)'で下車したことに対して≪チェ・ミンシクさんが 南山(ナムサン) に出演検討中だったことは認めるが、監督が下りた後 出演しないことを決めた。
製作者が考える 南山(ナムサン) と監督とチェ・ミンシクさんが考える作品に対する視線が違った≫と具体的な降板理由を明らかにした。
南山(ナムサン) は1980年代南山(ナムサン)公園にあった安全企画部(国家安全企画部)を背景にした諜報物だ。
当初チョン・ジウ監督が演出を引き受けて、イ・ジョンジェが主人公、製作、脚色などを引き受けることにしたが、
チョン・ジウ監督がイ・ジョンジェとの異見により下りる事になり、監督が下りたので、チェ・ミンシクやはり出演が不発になった。=

☆チェ・ミンシクさんとの 共演は「新世界」で立証されて、大物の共演で期待値も高かったと思う。
韓国では1980年代は民主化の波が押し寄せてきた怒涛の季節で この時代は 韓国民の魂を揺さぶるようで、繰り返し繰り返し 映像化してる。
まぁ~ ぶちゃけ 日本はこの頃 既に バブル期突入で 国民全体が ウハぁ~ウハぁ~していて、ピンとこないのが おつぎですネ 。
諜報物も ノワールも 戦争物も 最近は興味ないです。
現実の 韓国や北朝鮮の動きは 映画よりも怖くて、理解しがたい 国家であり 国民です。
ジョンジェssiがプロデュースをするようなので、ミンシクさんの代わりは 心配ないけど、この作品も、あんまり 普遍的でないから 国内向けになると思う。
しかし、今 中国に期待できないとしたら 国内向けに焦点を絞るのも致し方ないでしょう。
ジョンジェssi ファイティン




  1. ジョンジェの映画